@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

空梅雨【からつゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

空梅雨
からつゆ
梅雨の期間でありながら雨量がきわめて少ないか,ほとんどない現象梅雨前線の活動が例年に比較して弱かったり,太平洋高気圧が例年より早く発達し,梅雨前線を早期に北上させることによって起こることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

から‐つゆ【空梅雨】
梅雨期間にほとんど雨の降らないこと。降雨量のごく少ない梅雨。てりつゆ。 夏》「―ときはまる空の照りまさり/万太郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

からつゆ【空梅雨】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

空梅雨
からつゆ

梅雨期間中に雨の少ないこと。梅雨前線に沿った降雨活動の弱い年におこる。盛夏期に日本に晴天をもたらす小笠原(おがさわら)高気圧の発達が早く、梅雨期間中からその支配を受けるような年や、反対に冷涼なオホーツク海高気圧が発達し、日本がその圏内に入ってしまうような年は、空梅雨になりやすい。

[根本順吉・青木 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

から‐つゆ【空梅雨】
〘名〙 雨量が少ないか、または晴れた日が続く梅雨期。五、六月頃から日本の東方の太平洋高気圧が優勢だとなりやすい。てりつゆ。《季・夏》
※浄瑠璃・心中刃は氷の朔日(1709)下「いかにことしのからつゆも、あはれたもとのさみだれに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空梅雨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

空梅雨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation