@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

空気銃【くうきじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

空気銃
くうきじゅう
air gun
弾丸を発射するのに,空気圧力,液化炭酸ガス,あるいは揮発性の燃料と高圧空気を用いる。エア・ライフル,ガス式銃,スプリング式銃とも呼ばれる。銃床のないものは空気ピストルである。スプリングを使ってシリンダ内の空気を圧縮し,圧縮された空気の膨張力を使って弾丸を発射するスプリング式と,高圧空気を弾丸に当て発射するポンプ式とがある。数回弾丸を発射できる高圧空気あるいは炭酸ガスのボンベを使用するものや散弾を発射する空気散弾銃などもあり,また動物を麻酔させるために麻酔薬をつけたを発射するものもある。空気銃は,玩具として使われるほか,射撃競技や狩猟武器として使われる。日本に伝わったのは,寛永年間 (1624~44) にオランダから徳川将軍家へ献上されたものが最初

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くうき‐じゅう【空気銃】
圧縮空気の圧力を利用して弾丸を発射する銃。エアライフルエアガン。→エアソフトガン
[補説]銃刀法では、発射された弾丸の運動エネルギーが銃口から1メートルの位置で1平方センチメートルあたり20ジュール以上のものが空気銃にあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くうきじゅう【空気銃】
圧縮した空気の力で鉛弾を発射する銃。エアライフルともいう。これに準ずるものとして液化炭酸ガスを用いるガス銃があり,いずれも所持には公安委員会の所持許可が,狩猟には丙種狩猟免許が必要である。空気銃はドイツ,オーストリアなどでは15世紀ごろに各地で製作され,軍用にはナポレオン軍に対したオーストリア軍が使用した記録がある。日本へはオランダから徳川将軍家に1640年(寛永17)ころ献上されたのが始めてのものと思われ,1818年(文政1)近江の鉄砲鍛冶国友藤兵衛が,この銃をもとに独自のものを考案し,〈気砲〉と名づけている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くうきじゅう【空気銃】
圧縮した空気の圧力を使って金属製弾丸を発射する銃。武器等製造法および銃刀法で、製造・所持などが規制されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

空気銃
くうきじゅう
空気の圧力を利用して、金属性の弾丸を発射する銃。エアガンともいう。銃口にコルクを詰めて撃つ銃は玩具(がんぐ)とみなされ、空気銃の範疇(はんちゅう)には入れられていない。[白井邦彦]

歴史

空気圧で弾丸を発射する考えは、ふいごや圧縮ポンプの装置が紀元前から実用化されていたため、古くからあったが、近代の空気銃の母型は1430年にドイツのニュルンベルクのグーテルの製作した銃である。これは、当時の装薬銃が、雨、霧、強風の日などにトラブルがあるのと、次発(2発目の発射)に時間がかかりすぎるため、これにかわるべく発明されたものである。その銃はポンプ式で、あらかじめ空気を圧入した金属球が銃の下部に取り付けられ、圧縮空気の噴出力で弾丸を発射する構造になっており、ナポレオン時代にオーストリア軍が採用し、これを装備した歩兵大隊がナポレオン軍に撃ち向かった記録がある。日本に初めて紹介されたのは1640年(寛永17)ごろで、オランダから将軍家に献上されたウィンドルウル(風炮(ふうほう))という前記のものと同形式の銃である。のちこの銃を手本にして、江州(ごうしゅう)(滋賀県)の国友藤兵衛が1818年(文政1)3月に、より高性能のものを製作して気砲と名づけた。その後スプリング式の空気銃が台頭し、明治初期に日本に輸入された。
 空気銃は装薬銃ほどの弾力が得られない欠点があるが、ほとんど発射音がないため隠密武器にされることがあったほか、安価につくれ弾丸も低廉なので、スポーツ用銃器として普及の道をたどった。なお、液化炭酸ガスのボンベを内蔵し、気化ガスによって発射する銃も空気銃の一種であるが、とくにガス銃という。[白井邦彦]

種類・構造

空気銃は構造上、(1)スプリング式((a)中折、(b)レバー)と(2)ポンプ式に大別される。
(1)は内装された螺旋(らせん)形のスプリングを腕力で圧縮し、弾丸を込めて引き金を引くことにより発射する構造で、スプリングを圧縮するのに(a)(b)いずれかの方式によっている。(a)は銃身部と機関部の境界部を折り曲げて元に戻すと、スプリングが圧縮されて撃発が可能になる構造で、(b)は銃身の下部または側方についている大きなレバーを開閉して圧縮する。
(2)は銃に圧縮空気の貯蔵室が備えられ、銃自体に作り付けられたポンプで、あらかじめ空気を圧縮貯蔵しておき、引き金を引くと排気弁が開かれ、圧縮空気で弾丸が発射される構造である。スプリング式の長所は、堅牢(けんろう)な銃を比較的安価につくれること、短所は、スプリングが弱まりやすい点、銃身部と機関部が遊離していないため、気室から銃腔(じゅうこう)に噴出される空気が漏れやすい点、ピストンが気室の壁に激突するので、そのとき振動を生じてねらいが損なわれる点、鉄の部分が多いため重い点などである。ポンプ式の長所は、発射時の反動が少ない点と、ポンプ操作の回数で弾力を加減できる点で、短所は製作コストが高い点、耐久性が低く故障が多い点などである。
 命中率の高い空気銃は、銃腔が精密につくられていること、引き金機構が優れていて引きむらのないこと、照準具が精密であること、バランスのよいことなどの要素がたいせつである。
 弾丸は鉛または鉛とアンチモンの合金でつくられ、鼓形、三角形、球状などがあり、口径は4ミリから6.5ミリまで12種あるが、5.5ミリ(22径)、5ミリ(20径)、4.5ミリ(17.7径)が普通である。なかでも4.5ミリがもっとも普及している。口径が大きいほど殺傷力が大きいということはない。散弾を射出できるものもあるが、空気圧が不足のため威力は甚だしく弱い。また、注射筒に入ったニコチン酸を発射して、遠方(50メートル以内)の動物に注射し、麻酔させる麻酔銃もあるが、これは原理は空気銃ながら、弾丸がまったく異なるので、一般に独立した銃とされている。空気銃には射撃競技用のものと狩猟用のものがあり、前者は命中精度に重点が置かれ、精密な照準具をはじめ種々の付属装置がつけられており、後者は弾力と軽快さを重点に製造されている。
 空気銃を所持するには公安委員会の所持許可が必要であり、空気銃で鳥獣をとろうとするには、「丙種狩猟免状」と都道府県の「丙種狩猟者登録」をすることと定められている。
 なお、空気銃による射撃競技については、「ライフル射撃」の項を参照。[白井邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くうき‐じゅう【空気銃】
〘名〙 圧縮空気の作用で、筒の中または筒の先にこめた弾丸を発射するように装置した銃。
※郵便報知新聞‐明治一四年(1881)七月二三日「御料の空気銃(雷管打にも用ひられ、極珍らしき鳥銃なるとか)四挺御持越しになるよしにて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空気銃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

空気銃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation