@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

空観【くうがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

空観
くうがん
この世のすべてのものが,固定的な実体をもつものでなく,本質的にはであるとする立場天台宗教理においては一心三観のなかの一つとされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くう‐がん〔‐グワン〕【空観】
仏語。一切の存在には本性がなく、実体をもたないという真理を観想する方法。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くうがん【空観】
すべての事物は〈空(くう)〉であると観ずる仏教観法。〈空〉とはサンスクリットシューニヤśūnya(形容詞)といい,一般にはあるものに他のものがないとき,前者後者について空であると表現する。空観という用語自体は中国仏教において成立したものであるが,これをインド仏教にあてはめるならば,およそ3種の空観が存在したと言える。 第1は,原始仏教から部派仏教にかけて行われたもので,すべての存在を五蘊(ごうん),十二処,十八界などの諸要素(法)に分析し,そこに自我はない(人空)と見るものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

くう‐かん ‥クヮン【空観】
〘名〙
① 劇場などで、金銭を払わずに見ること。ただみ。
※西京繁昌記(1877)〈増山守正〉初「戸外木券を売り、空観せしめざるの証とす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くう‐がん ‥グヮン【空観】
〘名〙 仏語。一切のものは、ことごとく因縁によって生じたものであって、永遠不変の自我や実体といったものはなく、すべて空であると観じること。くうかん。
※菅家後集(903頃)叙意一百韻「皎潔空観月、開敷妙法蓮」 〔摩訶止観‐五・上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

空観の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation