@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

空豆・蚕豆【そらまめ】

精選版 日本国語大辞典

そら‐まめ【空豆・蚕豆】
〘名〙
① マメ科の一年草、または越年草。原産は北部アフリカおよび南西アジアとされている。ヨーロッパには有史以前に伝わり、今では世界各地で栽培されている。日本へは一七世紀頃中国を経て渡来したと思われる。高さ四〇~八〇センチメートル。茎は中空で四稜(りょう)がある。葉は偶数羽状複葉で一~三対の小葉からなる。春、葉腋(ようえき)にきわめて短い総状花序を出し、二~四個の蝶形花をつける。花は大きく、白または淡紫色で、紫墨色の大きな斑を持つ。莢(さや)は長楕円形、空に向かって直立するのでこの名がある。三~五個の種子を含み、熟すと黒変する。種子は楕円形で扁平、へそが長い。未熟の種子は煮て食べ、よく熟した種子は、いり豆、甘納豆、煮豆、餡(あん)や味噌(みそ)・醤油(しょうゆ)などの原料とする。茎・葉は家畜の飼料や緑肥になる。漢名、蚕豆・南豆。とうまめ。やまとまめ。しがつまめ。野良豆。《季・夏》 〔羅葡日辞書(1595)〕
② 若い女の陰部をたとえていう。
※雑俳・登梯子(1705)「それはそれ空豆殿と云ふたのが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空豆・蚕豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

空豆・蚕豆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation