@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

空間反転【くうかんはんてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

空間反転
くうかんはんてん
space inversion; space reflection
時間座標を不変にして空間座標符号を変える変換P変換ともいう。空間回転 (または狭義ローレンツ変換) で不変な量には,空間反転に関して符号を変えないスカラー量と符号を変える擬スカラー量がある。ベクトル量にも,空間反転に関して座標と同じように符号を変えるベクトル (極性ベクトル) と符号を変えない擬ベクトル (軸性ベクトル) がある。たとえば,運動量はベクトルで角運動量は擬ベクトルである。量子力学では,状態 (波動関数 ) が空間反転に対して符号を変えないときパリティは正,変えるときをパリティはであるという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空間反転」の用語解説はコトバンクが提供しています。

空間反転の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation