@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

穿孔【せんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

穿孔
せんこう
perforation
することによって内外腔が通じること。胃穿孔胃壁が破れて胃腔と腹膜腔が相通じるもので,食事などの内容物が漏出して,2次感染など重い病状を招くことが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐こう【×穿孔】
[名](スル)
穴をあけること。穴があくこと。また、あいた穴。「穿孔して鋲(びょう)を打つ」
人体の器官に穴があくこと。「胃穿孔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐こう【穿孔】
〘名〙
① 穴をあけること。穴のあくこと。また、そのあいた穴。
※水の葬列(1967)〈吉村昭〉二「穿孔が終ると、火薬係の手で孔に一つずつダイナマイトが詰めこまれた」 〔白居易‐与沈楊二舎人勅賜桜桃詩〕
② 医学で、人体の器官に穴があくこと。
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「子宮底に穿孔(センコウ)を生じた時などには」
③ 植物の導管細胞の上下の隔膜が消失して生じた穴。
④ 電子計算機で、カードや紙テープに穴をあけて、その穴の位置および数によって文字や数値の情報を記録すること。鑽孔(さんこう)。パンチ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穿孔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

穿孔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation