@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

突出【トッシュツ】

デジタル大辞泉

とっ‐しゅつ【突出】
[名](スル)
高く、または長く突き出していること。「内海に突出した半島」
突き破って出ること。「火口から溶岩が突出する」
他より目立って多いこと。「突出した業績

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つき‐だし【突出】
〘名〙
① 突き出すこと。後ろから前の方へ出るようにすること。
※ありのすさび(1895)〈後藤宙外〉二「当人の後へ廻り、不意に衝(ツ)き出しを喰はせしことゆゑ、一溜もなく」
② 突き出ていること。また、突き出ているもの。でっぱり。
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「四条の橋を渡った所に、川へ突(ツ)き出(ダ)しを作った安値(あんちょく)な西洋料理屋がある」
③ 江戸時代の遊里で、禿(かぶろ)の時期を経ないで、一四、五歳の頃、すぐに遊女となって客に接すること。また、その遊女。後には、広く、はじめて遊女や芸者となって客の前に出ることにもいう。突出女郎。つきいだし。
※評判記・色道大鏡(1678)一「十四五歳・十五六歳にて其家へ来り、其儘傾城に仕立出すを突出(ツキダ)しといへり」
④ 料理屋などで、本料理の前に出す小鉢物など。また、酒の肴となるちょっとしたつまみ。
※酒肴むりもんだふ(1830‐44)「突出しの肴といふがごとし」
※桐畑(1920)〈里見弴〉二つの心「上方風のうまいつき出(ダ)しで一杯始めながら」
⑤ 物の突きはじめ。撞(つ)くことの最初。
※浮世草子・好色二代男(1684)六「竹田の院の鐘も、突(ツキ)出しともに七つなれば、少しは心せはしきに」
⑥ 相撲のきまり手の一つ。てのひらを相手の胸や肩へ突き当てて突っ張り、相手を土俵外へ出す技。
⑦ 緡(さし)一本に一〇〇文貫いた、いわゆる百刺しを前に突き出すこと。つまり賭金を前に積むこと。
※洒落本・一騎夜行(1780)二「壱匁迯何本突出(ツキタ)し」
⑧ 点取俳諧で、点の掛からない句。
⑨ (「付出」とも) 和船のみよし(船首材)の側面形状のふくらみをいう船大工のことば。特に関船や小早のように、吃水線付近でいちじるしく前方に突き出た感じの大きなふくらみをもつみよしにいう。
※当流関船寸法書「つき出し巾、五に二寸九分掛、又は三寸、但しかき入は外にして」
⑩ 指物(さしもの)の名。
※武用弁略(安政再板)(1856)五「突出(ツキダシ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つき‐・でる【突出】
〘自ダ下一〙
① 覆いや壁などを突いて出る。突き破って出る。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉八「千余の守兵が要塞外に突(ツ)き出(デ)た」
※水の葬列(1967)〈吉村昭〉一「下萌えの新芽が突き出ていて」
② ふいに出る。ぐっと前へ出る。さっと出る。
※真空地帯(1952)〈野間宏〉六「皮の厚そうな顔がぬっとつきでてきたとき」
③ 高く、または長く出る。ある部分が前や上に出張る。
※尋常小学読本(明治三六年)(1903)〈文部省〉七「松のはえた、白い砂地が、海の中に、つき出てゐて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つつき‐だ・す【突出】
〘他サ五(四)〙
① つついて外に出す。
※爛(1913)〈徳田秋声〉五二「田舎を騒がして、突つきだすと云ふ方法もある」
② 欠点や問題点をわざわざ指摘して問題とする。
※志都の岩屋講本(1811)上「其れをそこいぢわるく、邪魔を入れつつき出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つん‐だ・す【突出】
〘他サ四〙 いきおいよく出す。
※巨海代抄(1586‐99)上「亦たつん出して是れ何ぞ。云く夫れは塵きれよと云はれて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっ‐しゅつ【突出】
〘名〙
① つきやぶって出ること。勢いよく前に出ること。〔文明本節用集(室町中)〕
※報知新聞‐明治三七年(1904)八月二四日「守将オスマンパシャは突出を試み、衆寡敵せず兵員皆な敵弾に倒るるに至り」
② 高く、または長くつきでること。凸出。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉二「海中に突出せる陸地を海角又岬と云ふ」
③ だしぬけにとびだすこと。急につきでること。
※譬喩尽(1786)一「突出(トッシュツ)弁〈略〉ぴょいとなり」 〔韓非子‐外儲説右下〕
④ 他より目立って多いこと。他より図抜けること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

突出」の用語解説はコトバンクが提供しています。

突出の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation