@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

窒化マグネシウム【チッカマグネシウム】

デジタル大辞泉

ちっか‐マグネシウム〔チツクワ‐〕【窒化マグネシウム】
マグネシウム窒化物。マグネシウムを窒素またはアンモニアガス中で高温に加熱することで得られる。純粋な場合は無色で、通常は黄色の個体となる。等軸晶系。容易に加水分解を起こし水酸化マグネシウムになる。脱水剤として用いられる。二窒化三マグネシウム化学式Mg3N2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

窒化マグネシウム
チッカマグネシウム
magnesium nitride

Mg3N2(100.93).正式名称は二窒化三マグネシウム.Mg(N3)2はアジ化マグネシウム(アジ化物)で窒化物ではない.Mgを N2 またはNH3中で高温に加熱すると得られる.立方晶系結晶.Y2O3と同型構造(蛍石構造でCaのかわりにN,Fの位置の1/4は空間,3/4にMgが入った構造).純粋なら無色,通常は黄色の固体. 密度2.71 g cm-3.3変態があり,550 ℃ 以下はα相,550~988 ℃ はβ相,988 ℃ 以上はγ相.密閉容器中では1300 ℃ で解離圧が1 atm となる.空気中で加熱すれば徐々に酸化されてMgOを生じる.水とは容易に反応してNH3とMg(OH)2になる.脱水剤に用いられる.[CAS 12057-71-5]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窒化マグネシウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

窒化マグネシウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation