@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

窒素固定菌【ちっそこていきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

窒素固定菌
ちっそこていきん
free nitrogen fixation bacteria
土壌または水中に生活し空気中の窒素ガスをとって有機窒素化合物を合成する能力のある細菌類の総称遊離窒素固定菌ともいう。そのうちマメ科植物の根に共生しているものはいわゆる根粒バクテリアであり,また,いろいろの高等植物の葉瘤内に寄生しているものにマイコバクテリウム Mycobacterium がある。なお,このように共生するのではなくて,単独生活をしているものとしてはアゾトバクター Azotobacter とクロストリジウム Clostridium とがあるが,前者酸素の存在する場合にのみ生育可能(好気性)であり,後者は酸素のない場合に生育する(嫌気性)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窒素固定菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

窒素固定菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation