@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

窪川鶴次郎【くぼかわつるじろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

窪川鶴次郎
くぼかわつるじろう
[生]1903.2.25. 静岡,内田
[没]1974.6.15. 東京
評論家。第四高等学校中退。堀辰雄,中野重治らと同人誌『驢馬 (ろば) 』 (1926~28) を創刊。マルクス主義の影響を受け,1927年日本プロレタリア芸術連盟に参加。以後,第2次世界大戦後の新日本文学会にいたるまで一貫してプロレタリア文学運動の消長と行を共にした。著書に『現代文学論』 (39) ,『近代短歌史展望』 (54) ,『昭和十年代文学の立場』 (73) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

窪川鶴次郎 くぼかわ-つるじろう
1903-1974 昭和時代の文芸評論家。
明治36年2月25日生まれ。大正15年中野重治らと同人誌「驢馬(ろば)」を創刊。昭和2年佐多稲子と結婚(のち離婚)。プロレタリア文学の評論に活躍し,7年検挙,投獄され,のち転向。戦後は新日本文学会で活動した。昭和49年6月15日死去。71歳。静岡県出身。第四高等学校中退。評論に「現代文学論」「短歌論」,小説に「風雲」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版

くぼかわつるじろう【窪川鶴次郎】
1903~1974) 評論家。静岡県生まれ。旧制四高中退。「驢馬」同人。プロレタリア文学運動解体後、人間中心の文学思想を説く。主著「現代文学論」「昭和十年代の立場」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

窪川鶴次郎
くぼかわつるじろう
(1903―1974)
文芸評論家。静岡市生まれ。旧制四高中退。在学中より短歌、詩、小説をつくり、上京して中野重治(しげはる)らと『驢馬(ろば)』を創刊する。佐多稲子(さたいねこ)と結婚。のち離婚。1930年(昭和5)からはナップを拠点にプロレタリア文学の代表的理論家として活躍。32年検挙されて転向したが、文学界の軍国主義化に抵抗し、共産主義の立場から評論活動を続けた。『現代文学論』(1939)、『再説現代文学論』(1944)は代表作。第二次世界大戦後は民主主義文学理論の展開に尽力、『短歌論』(1950)などを著した。[吉田正信]
『小田切秀雄解説『昭和十年代文学の立場 窪川鶴次郎一巻本選集』(1973・河出書房新社) ▽『現代日本文学大系96 文芸評論集』(1973・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窪川鶴次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

窪川鶴次郎の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ドビュッシーマッキム・ミード&ホワイトオブレノビチ家フォト・セセッションプラット修正ボストン・レッドソックスロシア映画キュリー映画館

他サービスで検索

「窪川鶴次郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation