@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

窮理学【キュウリガク】

デジタル大辞泉

きゅうり‐がく【窮理学】
江戸後期から明治初期にかけて、西洋流の学問一般、特に物理学をさした語。
朱子学程朱学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きゅうりがく【窮理学】
江戸時代に蘭学者によって西洋の自然科学,具体的にはオランダ語Natuurkunde訳語として用いられた言葉で,後に明治初年にいたって物理学を意味するようになった。〈窮理〉とは,もともと易の説卦伝に由来し,朱子によって学者の修養法として強調されたもので,事物についてそのを窮めるという方法を指した。蘭学者たちはみずから学問を権威づけるために,当時の正統儒教であった朱子学から〈窮理〉なるを借用したのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

窮理学
きゅうりがく
江戸時代から明治初期にかけて使用された学問名称で、物理学の意にも哲学の意にも用いられた。『易経(えききょう)』説卦(せっか)伝に「理を窮(きわ)め性を尽(つく)す」とみえ、朱子学においてはその本質を表す概念として用いられ、「格物致知(かくぶつちち)」「格物窮理」の語が使用された。江戸中期の蘭学勃興(らんがくぼっこう)以降、事物についてその理を窮めるという考えが自然探究の意に用いられるようになり、三浦梅園(ばいえん)は「西洋ノ学畢竟(ひっきょう)窮理ノ学ナリ」と紹介し、本木良永(もときりょうえい)は彼の天文書のなかで「太陽窮理」といい、前野良沢(りょうたく)はオランダ語のナチュールキュンデnatuurkundeを「窮理本然之学」と訳した。明治になると福沢諭吉の『訓蒙(きんもう)窮理図解』(1868)をはじめ窮理の名を冠した科学・技術関係の啓蒙(けいもう)書が多数刊行された。大学南校では1877年(明治10)まで、今日の物理学に窮理学の名称を使用した。またフィロソフィーphilosophyを「哲学」と試訳していたころ、西周(にしあまね)は「理学」「窮理学」の語を哲学と同意の訳語として使用した。[片桐一男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅうり‐がく【窮理学・究キウ理学】
〘名〙
① 物事の道理、法則などをきわめる学問。西洋流の学問一般をいい、特に現在の物理学をさした。窮理。
※和蘭天説(1795)凡例「天文学三道あり、一は星学、二は暦算学、三は窮理(キウリ)学なり」
② (朱子学の「格物窮理」から) 朱子学。程朱学。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

窮理学
きゅうりがく
江戸後期〜明治初年にかけて用いられた物理学や哲学の呼称
朱子学で道理を窮 (きわ) める方法として使われたが,蘭学が盛んになると自然科学の研究の意味に用いられ,明治時代に入ると書名に多くつけられた。大学南校(のち東京大学)では教科名として用いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

窮理学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

窮理学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation