@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立体商標【りったいしょうひょう】

デジタル大辞泉

りったい‐しょうひょう〔‐シヤウヘウ〕【立体商標】
ある商品を示す、特徴ある立体形の商標。平成8年(1996)の商標法改正で登録できるようになった。不二家のペコちゃん人形、ケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダース人形、コカコーラのびんの形など。商品そのものの形状でも登録できる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

立体商標
商業製品・広告物などの立体的形状に対して認められる商標のこと。形状の特異性で他商品との違いを明確に識別できることが認可の基本要素であり、その他、文字や図形、色彩などの要素も含まれる。日本では、商標法が改正された1997年4月から立体商標が認められるようになった。商標の有効期間は10年間だが、任意で半永久的に更新できる。日本における立体商標の第1号は、98年に認められた株式会社不二家の「ペコちゃん人形」。以降、KFCのカーネル・サンダース像、コカ・コーラの瓶、銘菓「ひよこ」など、長年にわたりそれと認識できるものが立体商標として認められている。ヤクルトのプラスチック容器は、当初特許庁が立体商標の申請を棄却したが、2010年に知的財産高等裁判所の判決により立体商標として認められた。14年8月には、ショウワノート株式会社の「ジャポニカ学習帳」が、ノートでは国内で初めて立体商標としての登録が認められた。
(2014-8-7)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

立体商標
りったいしょうひょう
立体的なトレードマークに与えられる商標権。従来、商標登録の対象は平面にかぎられていたが、1997年(平成9)4月の商標法改正で人形など立体的なものへも広げられた。同月から登録出願の受け付けを開始し、申請されたものについて審査を行うが、1998年5月にはその第一号として、早稲田大学の「大隈重信像」、不二家の「ペコちゃん」「ポコちゃん」、ケンタッキー・フライドチキンの「カーネルサンダース」、セガの「ソニック」が認定された。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立体商標」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立体商標の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation