@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立体【リッタイ】

デジタル大辞泉

りっ‐たい【立体】
いくつかの平面曲面で囲まれて、三次元の空間の一部を占める物体。また、幾何学の対象としての空間図形。「六面の立体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りったい【立体 solid】
平面上に描かれた図形に対し,空間的ひろがりをもった図形を立体という。例えば,球,直方体,角柱,角錐,円柱,円錐などは立体である。なお,立体ということばは空間の意味にも用いられる。例えば立体図形とは空間図形すなわち空間にある点,線,面,角,立体などで作られる図形のことで,立体幾何学とは空間図形を扱う幾何学のことである。【中岡 稔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りったい【立体】
いくつかの平面や曲面によって囲まれ、三次元の空間に広がりをもつ物体。また、その物体の占める空間を抽象化した、幾何学上の対象としての図形。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

立体
りったい
柱体、錐体(すいたい)、多面体、球のように空間の限られた一部分であって、面で囲まれたものを立体という。普通、立体といえば、無限に延びていないものであるが、無限に延びた円柱や円錐のようなものも立体とよぶこともある。立体をもっと広く考えて、直線、平面のようなものをも含めたときは、空間図形という。空間図形の性質を研究する学問を立体幾何という。また、立体を平面上の図で表すのには、普通、見取図が使われるが、さらに精密な方法としていろいろな投影図法がある。そのなかで、もっともよく用いられるのは、平面図、立面図、および側面図をかいて示す正投影である。[栗田 稔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りっ‐たい【立体】
〘名〙 いくつかの平面や曲面によって囲まれた、空間的広がりをもつ図形。いくつかの平面で囲まれた立体を多面体という。立体図形。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation