@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立売堀【いたちぼり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

立売堀
いたちぼり

大阪市西区の中央に東西に延びるもと運河。東は西横堀川(現在は埋立て)から西の木津川を結び、延長約1.3キロメートル、幅16メートル。開削は1626年(寛永3)宍喰屋次郎右衛門(しぐいやじろうえもん)により完成。のち、堀沿いに木材の立ち売り免許を得て立売堀と名づけられ、江戸深川、熱田白鳥(あつたしろとり)とともに三大木場と称された。いたち堀の呼称は、大坂の陣での伊達(だて)氏の陣地の堀跡を伊達(いたち)堀と俗称したのが転用されたという。1956年(昭和31)復興区画整理により埋め立てられた。付近には木材、金属、機械工具の問屋が多い。

[位野木壽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立売堀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立売堀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation