@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立太子【りったいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

立太子
りったいし
立坊 (りゅうぼう) ,立儲 (りっちょ) ともいう。公式に皇太子を立てること。現代では皇長子はおのずから皇太子となるが,もともとは立太子礼を経て初めて定まった。立太子礼の制度確立は平安時代初期で,立太子礼は紫宸殿で行われ,王卿参列,天皇,某親王出御,宣命使が某親王を皇太子と定める宣命を奏し,皇太子振舞を経て,式を終る。のち護身のため壺切が天皇から皇太子に伝えられるようになった。これらの要領は,おおむね現代にも及んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りっ‐たいし【立太子】
公式に皇太子を立てること。立坊。立儲(りっちょ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りったいし【立太子】
皇太子立することをいい,皇嗣が皇子であっても皇孫,皇兄弟あるいはその他の皇親であっても,皇太子と称した。《貞観儀式》に〈立皇太子儀〉があり,それによると立太子の儀は紫宸殿の前庭において親王以下百官参列のもとに行われ,宣命大夫が立太子の宣命を宣する。この宣命の儀は立太子の儀の中心として長く踏襲された。904年(延喜4)醍醐天皇の皇子保明親王の立太子のときから〈壺切の剣〉を授けるのが例となった。立太子の儀は後小松天皇から後西天皇に至る300年間中絶したが,霊元天皇1683年(天和3)の再興のときから,立太子の儀に先立ち儲君治定(ちよくんじじよう)の行われるのが例となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りったいし【立太子】
皇太子を定めて、公式にその地位につけること。皇太子に冊立さくりつすること。立坊りつぼう -の儀

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りっ‐たいし【立太子】
〘名〙 公式に皇太子を立てること。立坊。立儲(りっちょ)
※兵範記‐仁安元年(1166)九月六日「今日於一院殿上〈東山〉有立太子定

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立太子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立太子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation