@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立山町【たてやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

立山〔町〕
たてやま
富山県東部,常願寺川右岸沿いに東西に延びる町。西は扇状地から東は立山の主峰を越えて長野県境に達する。 1954年雄山 (おやま) 町と利田 (りた) ,上段 (うわだん) ,東谷 (ひがしだに) ,釜ヶ淵 (かまがぶち) ,立山の5村が合体して成立。中心地区の五百石は米の集散地,市場町として発達。製紙,機業などの工場が立地している。常願寺川の谷口にある岩峅寺 (いわくらじ) に雄山神社の前立社壇 (まえたてしゃだん) ,やや上流部の芦峅寺 (あしくらじ) に祈願殿,宿坊があって,昔から立山信仰の基地として栄えた。東半分は中部山岳国立公園に属する。立山三山,黒部湖黒部峡谷があり,立山黒部アルペンルートが町を縦貫している。立山頂上付近の山崎カールは天然記念物。面積 307.29km2(境界未定)。人口 2万6317(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立山町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立山町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation