@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立山【たてやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

立山
たてやま
富山県東部,飛騨山脈北西部の立山連峰主峰群。立山町に属する。雄山(3003m),最高峰大汝山(3015m),富士ノ折立ふじのおりたて,2999m),浄土山(2831m),真砂岳(2861m),別山(2880m)などの総称で,そのうち立山信仰における「三山駆け」の対象となる浄土山,雄山,別山を特に立山三山と呼ぶ。山体は飛騨変成岩類の花崗閃緑岩で構成され,山頂付近には山崎カール(山崎圏谷。国の天然記念物)のほか,御前沢,内蔵ノ助沢,真砂沢,剣沢などのカール群が発達している。平安時代に修験者によって開山江戸時代には山麓芦峅寺地区を中心に山岳信仰が盛んになった。富山市から富山地方鉄道で立山駅(旧千寿ヶ原)にいたりケーブルカー,バスで室堂に達する登山ルートがある。さらに室堂からバス,ロープウェー,地下ケーブルカーで黒部ダムに達し,さらにトロリーバス,バスで長野県大町市に達する立山黒部アルペンルートが 1971年開通した。1972年には室堂から大観峰へ向かう途中のトンネル内にバスの雷殿駅が開設され,登山道へと通じている。バス道路は 1978年全面舗装された。中部山岳国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たち‐やま【立山】
富山県の立山(たてやま)古称
「―に降り置ける雪を常夏に見れども飽かず神(かむ)からならし」〈・四〇〇一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐やま【立山】
富山県東部にある山。数峰からなり、大汝山(おおなんじやま)は標高3015メートル、雄山(おやま)は2992メートル。立山黒部アルペンルートが通じる。古来山岳信仰が盛ん。古称、たちやま。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たてやま【立山】
富山県南東部,立山町東部にあり,北アルプス北部を占める。奈良時代,越中の国司大伴家持に詠われた〈たちやま〉(《万葉集》)は,劔岳を含めた連峰の総称である。一般に立山というときは,最高峰の大汝(おおなんじ)山(3015m)と雄山(おやま)(2992m)を指すが,これに南側の浄土山(2887m)と北側の別山(べつさん)(2882m)とを加えた立山三山を指す場合もある。立山はいずれも古期の花コウセン緑岩と飛驒変成岩で構成されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たちやま【立山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たちやま【立山】
飛驒山脈の高峰、立山たてやまの古名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たてやま【立山】
富山県東部、飛驒山脈北西にある火山。大汝おおなんじ山(海抜3015メートル)を最高峰とし、別山・雄山の三山からなる。江戸時代には信仰登山が盛んであった。たちやま。
富山県東部、中新川郡の町。東部は立山ほかの飛驒山脈が控え、山岳観光の拠点。立山黒部アルペンルートが通る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

立山
たてやま
富山県南東部、北アルプス北部の山。立山本峰は雄山(おやま)(3003メートル)、大汝山(おおなんじやま)(3015メートル)、富士ノ折立(ふじのおりたて)からなり、雄山神社本社のある雄山が立山の中心となっている。立山連峰は立山を中心に北は剱(つるぎ)岳・毛勝(けかち)山から南は薬師岳までの山々をいい、大伴家持(おおとものやかもち)が『万葉集』に詠んだ「たちやま」は立山連峰をさしている。また雄山、別山(べっさん)、浄土山を立山三山とよび、立山直下の溶岩台地をも含めた広範囲な地域を立山とよぶこともある。
 雄山、大汝山、浄土山は古期花崗閃緑(かこうせんりょく)岩と、一部はより古い飛騨変成岩で構成されている。雄山の北西直下には国指定天然記念物の山崎圏谷(やまさきけんこく)(山崎カール)があり、東斜面直下に御前谷圏谷がある。このほか、真砂(まさご)沢、内蔵助(くらのすけ)谷などにもカール地形がみられる。広大な下部溶岩台地の弥陀ヶ原(みだがはら)は浄土山南西にあった古立山火山の第二活動期に形成されたもので、天狗平(てんぐだいら)や室堂平(むろどうだいら)はカルデラ壁に天狗山や国見岳、室堂山が形成された第三期の活動期に形成された溶岩台地である。五色ヶ原も古立山火山による溶岩台地である。地獄谷やミクリガ池はその後の余勢活動による爆裂火口である。
 立山は伝承では奈良時代の佐伯有頼によって開山されたという。平安時代から真言(しんごん)、天台などの修験(しゅげん)者の道場となり、山麓(さんろく)の芦峅(あしくら)寺、岩峅(いわくら)寺の人々は南北朝から室町時代にかけては越中(えっちゅう)守護と結ぶなど、立山衆徒としてあなどれない勢力をもった。江戸時代には芦峅寺一山33坊5社人の御師(おし)によって全国に登拝を勧進し、登山者の多いときは年6000人にも達したといい、富士山、白山(はくさん)とともに日本三名山の一つとしてあがめられた。明治の廃仏棄釈(きしゃく)で信仰登山は衰えたが、立山の各地に当時の信仰遺物が残っている。1971年(昭和46)立山黒部アルペンルートの完成で、立山は観光の山に急変した。反面、登山者は少なくなり、また自然破壊が懸念されている。立山には特別天然記念物のライチョウ、カモシカが生息し、高山植物にはタテヤマキンバイ、タテヤマウツボグサなど「立山」の名のついたものも多い。[深井三郎]
『高瀬重雄著『立山信仰の歴史と文化』(1981・名著出版) ▽富山県ナチュラリスト協会編『立山道を歩く 続――室堂平・雄山・黒部平』(2002・北日本新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

立山
(富山県)
日本三名山指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立山
(富山県中新川郡立山町)
日本二十五勝」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立山
(富山県)
日本百名山」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

立山
(富山県中新川郡立山町)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たち‐やま【立山】
富山県東南部にそびえる立山連峰の主峰、立山(たてやま)の古称。北方の剣岳(つるぎだけ)を含める場合もある。
※万葉(8C後)一七・四〇〇〇「新川(にひかは)の その多知夜麻(タチヤマ)に 常夏(とこなつ)に 雪降り敷きて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐やま【立山】
〘名〙
① 狩猟、伐採などを禁じた山。江戸時代、各藩の藩有林として、藩の用材を保護栽植した山林で、領民の入会(いりあい)権を認めず、または制限した山。建山、館山とも書く。留山。立林。⇔明山(あきやま)
※結城氏新法度(1556)九条「一、人のたて候たて山たて野、ぬすみきりかり候て、うたれ候下人かせものの佗言すへからす」
② 薪炭材などを立ち木のまま売買すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たて‐やま【立山】
富山県南東部にそびえる立山連峰の主峰。雄山(三〇〇三メートル)・大汝(おおなんじ)山(三〇一五メートル)・富士の折立(二九九九メートル)の三峰からなり、別山(二八八〇メートル)、浄土山(二八三一メートル)を加えて立山三山という。平安時代から修験道の道場として開かれた三霊山の一つ。江戸時代には、ふもとの蘆峅寺(あしくらじ)を基地とする信仰登山が盛んに行なわれた。中部山岳国立公園の一部。たちやま。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation