@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立役者【タテヤクシャ】

デジタル大辞泉

たて‐やくしゃ【立役者】
芝居の一座で中心になる役者。立者(たてもの)。立役。
物事の中心となって重要な役割を果たす人。「軍縮会議の立役者

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たてやくしゃ【立役者】
芝居で一座の中心になる役者。立役たてやく。立者たてもの
ある方面で中心となって活躍する者。中心人物。 優勝への-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

立役者
たてやくしゃ
演劇用語。一座で主要な役を演ずるほどの俳優をいう。歌舞伎(かぶき)の場合、古くは名題(なだい)役者のことを「立者(たてもの)」といい、そのうち一座を統率する座頭(ざがしら)をはじめ、立女方(たておやま)、書出し、中軸(なかじく)などの幹部俳優をとくに「大立者」とよんだ。今日、立役者または大立者といえば、むしろ一般語で、物事の主人公を意味する語になっている。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たて‐やくしゃ【立役者】
〘名〙
① 芝居で一座の中心となる重要な役者。立役。立者(たてもの)
※俳諧・天満千句(1676)「立役者かうべに花を戴て〈西鬼〉 京からくだる梅の一枝〈如見〉」
② 中心になって活躍する重要な人物。立者。
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉七「民主化同盟の立役者だった秋男もほとんど何もしゃべらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立役者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立役者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation