@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立志社【りっししゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

立志社
りっししゃ
土佐に設立された自由民権運動の中心的結社。民撰議院設立建白書を左院に提出後,地方政社育成のために帰郷した板垣退助を中心に,片岡健吉林有造谷重喜らが集り,1874年4月創立。当初立志学舎,商局,法律研究所などを併設して社員の子弟教育,士族授産相互扶助などを重視していたが,75年2月自由民権結社の全国連合組織である愛国社結成に指導的役割を果し,以後自由民権運動の盟主的存在となった。 77年6月国会開設建白書を提出,9月に愛国社再興運動,80年に国会開設運動,81年に自由党の結成で中心的役割を果した。自由党結党後の 82年6月の集会条例改正により非政社となり,翌 83年3月その名称を後楽館と改称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りっし‐しゃ【立志社】
明治7年(1874)板垣退助らを中心に高知県で結成された政治結社。当初は士族救済を目的としたが、のち、民選議院設立運動など民権運動の中核的存在となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りっししゃ【立志社】
自由民権運動推進の中心となった代表的政社。1874年4月,高知に帰郷した板垣退助が片岡健吉,林有造らと結成した。天賦人権を宣言して〈人民は国の本〉であると主張,〈人民の知識を開達し,気風を養成し,福祉を上進し,自由を進する〉ことを目的に掲げた。社長には片岡が就任し,立志学舎や法律研究所を設立して民権思想の普及をはかるとともに,士族救済のための殖産興業活動に着手商社を経営し,官山の下げを出願するなどした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

立志社
りっししゃ

自由民権運動の指導的結社。1874年(明治7)4月16日に板垣退助(たいすけ)、片岡健吉、林有造(ゆうぞう)らが中心になって、自由民権運動を盛んにするために高知に結成し、83年海南自由党と改称した。このほか立志社を名のるものとしては、広島立志社、讃岐(さぬき)立志社、高松立志社、丸亀(まるがめ)立志社、阿波(あわ)立志社があるが、普通に立志社というときにはこの高知の立志社をさしている。立志社は、最初は士族救済を第一の目標にし、西南戦争に呼応するなどしたが、指導者がそのため逮捕されてからは、植木枝盛(えもり)、坂本南海男(なみお)が理論的指導者となって自由民権思想に徹し、77年の立志社建白で国会開設、地租軽減、条約改正という自由民権運動の三大綱領を初めて提起した。78年の愛国社再興、80年の国会開設請願運動、81年の自由党結党の中心的役割を担い、同年起草の「日本憲法見込案」では人民主権、一院制議会、抵抗権、革命権を主張した。しかし、84年、民権運動が激化するに及んで自由党の解党を主張するに至った。

[後藤 靖]

『平尾道雄著『自由民権の系譜』(1970・高知新聞社)』『後藤靖著『自由民権』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りっし‐しゃ【立志社】
明治初期の政治結社。明治七年(一八七四)板垣退助ら民権論者が高知県で設立。同一〇年には国会の開設の建白書を出し、その後も地租の軽減、条約改正の要求建白など、自由民権運動展開の中核的役割を果たした。同一六年海南自由党と改称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

立志社
りっししゃ
明治前期,自由民権運動の中心となった代表的政社(1874〜83)
征韓論で辞職した板垣退助が帰郷し,1874年4月片岡健吉・植木枝盛 (えもり) らと高知に設立。当初は士族救済の経済活動が主であったが民権思想の普及にもつとめた。愛国社設立・再興,国会期成同盟・自由党結成など自由民権運動の全国的発展に中心的役割を果たし,'82年海南自由党を組織して,翌年発展的に解消した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立志社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立志社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation