@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立憲改進党【りっけんかいしんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

立憲改進党
りっけんかいしんとう
日本の政党。 1882年4月 16日結党。「明治十四年の政変」で政府を追われた大隈重信を中心に河野敏鎌前島密ら百数十人が参集総理大隈,副総理に河野が選ばれた。その根本理念は,(1) 王室の尊栄と人民幸福,(2) 金貨制の断行,(3) 学問の独立,(4) 政教分離,(5) 責任内閣制などで,イギリスの立憲政体を模したものであった。初期議会では自由党と協調して民力休養を唱え,予算の削減にあたるなど民党としての面目を保ったが,日清戦争後は国権主義的立場に立ち,96年3月1日立憲革新党などと合同して進歩党となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りっけん‐かいしんとう〔‐カイシンタウ〕【立憲改進党】
明治15年(1882)大隈重信が中心となって結成した政党。小野梓尾崎行雄河野敏鎌沼間守一らが参加。自由党とともに自由民権期を代表する政党で、イギリス流の議会政治と、漸進的改革を主張した。同29年解党し、進歩党を結成。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りっけんかいしんとう【立憲改進党】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りっけんかいしんとう【立憲改進党】
1882年(明治15)4月大隈重信を中心に結成された政党。犬養毅・尾崎行雄・小野梓・河野敏鎌らが参加。イギリス流の漸進主義をとり、立憲君主制のもとでの二院制議会の早期開設を主張、都市知識人・ブルジョアジー・地主層の支持を得た。自由党と並び自由民権運動を推進。しかし運動が激化するにおよび84年大隈らが脱党。議会開設後は民党として活躍、96年進歩党と改称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

立憲改進党
りっけんかいしんとう
自由民権派の政党。1882年(明治15)4月16日、いわゆる明治十四年の政変で政府を追われた大隈重信(おおくましげのぶ)を総理に結党、掌事に小野梓(おのあずさ)、牟田口元学(むたぐちげんがく)(1844―1920)、春木義彰(はるきよしあき)(1846―1904)の3名がついた。おもな構成メンバーは鴎渡(おうと)会(小野)、嚶鳴(おうめい)社(沼間守一(ぬまもりかず))、東洋議政会(矢野文雄、1850―1931)、修進社(河野敏鎌(こうのとがま))の人々で、綱領には、王室の尊栄と人民の幸福の達成、内治改良、地方自治、選挙権の漸進的拡大、通商の推進、硬貨主義の六か条を掲げ、イギリス流の議院内閣制の実現を目ざした。支持基盤は産業ブルジョア、都市商業資本家、地方名望家、知識人などであったが、改進党系の『東京横浜毎日新聞』『郵便報知新聞』だけでなく『朝野新聞』にも「改進党録事」の欄を設ける予定があったことが知られており、幅広い階層を地盤として自由民権運動に積極的役割を果たす意欲があったことがうかがえる。党員数も結党時の116名からしだいに増加、1883年2月1272名、翌1884年4月には1729名に達した。地域別では石川、兵庫、埼玉、栃木、福島、大阪、長野、愛媛の各県が多く、それぞれ100名を超す。諸激化事件の発生、弾圧強化、自由党解党などのため1884年11月ころより党内に解党論が台頭、その結果12月総理大隈をはじめ、小野、河野らが脱党するという事態が生じ一時動揺した。しかし、規約を改正して事務委員制をとり(7名、最初に選出されたのは藤田茂吉(もきち)(1852―1892)、尾崎行雄、箕浦勝人(みのうらかつんど)(1854―1929)、島田三郎、肥塚龍(こいづかりゅう)(1848―1920)、沼間守一、中野武営(たけなか))、東洋議政会、嚶鳴社の人々を中心に党活動を維持した。また脱党したとはいえ大隈はその後も隠然たる力を有し、大きな影響力をもった。初期議会では民党の立場を堅持し軍事予算削減を求めて政府と対決、1892年総選挙の際は政府の大弾圧を受けた。しかし、外交政策に関しては明治10年代後半より国権色を強め、さらに1888年外相として入閣した大隈の条約改正交渉を支持するなど、政府に同調する姿勢をとった。そして日清(にっしん)戦争を契機に国権的・侵略的アジア観を一段とあらわにした。1896年2月16日解党を決議、3月1日対外硬を高唱していた立憲革新党、大手倶楽部(くらぶ)などと合同し進歩党を結成した。[安在邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りっけん‐かいしんとう ‥カイシンタウ【立憲改進党】
明治一四年(一八八一)の政変で下野した大隈重信を中心に、翌一五年三月結成された政党。自由党とともに自由民権運動の有力政党として活躍し、イギリス流の議会政治と立憲君主制の樹立を唱えた。しかし同二九年立憲革新党・大手倶楽部など国権派と合同して進歩党を結成するに及び、解消した。改進党。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

立憲改進党
りっけんかいしんとう
明治中期の代表的政党(1882〜96)
明治十四年の政変で下野した大隈重信を中心に結成。イギリス流の立憲君主制を理想とし,都市商工業者や知識人などを基盤とした。幹部に河野敏鎌 (とがま) ・小野梓 (あずさ) ・矢野竜溪ら。'84年大隈らの脱党で事実上の解党状態になる。初期議会では民党として活躍したが,国権拡張の立場をとり'96年小政党と合同して進歩党となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立憲改進党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立憲改進党の関連情報

関連キーワード

ボアソナード早稲田大学スティーブンソンマーク・トウェーンワーグナージーモンディルクセンハルゼーフォンタネージプルーイン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation