@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立法国家【りっぽうこっか】

世界大百科事典 第2版

りっぽうこっか【立法国家】
近代市民革命後の国家は,すべての国家権力行使が法に基づくこと,そしてその法が国民の代表である議会によって定められることをたてまえとしている。そのことは,議会の立法が国家権力行使の法的起点となることを意味し,議会の最高機関性が論理的に導かれる。こうした構造の国家を立法国家とよび,歴史的段階からみて,一般的には19世紀国家が立法国家であったといわれる。けだし,現代国家は,行政の優位する国家(行政国家),あるいは,裁判所にすべての国家機関による行為の適性法を判断させる国家(司法国家)の様相を帯びているからである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

立法国家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立法国家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation