@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立法権【りっぽうけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

立法権
りっぽうけん
legislative power
行政権司法権とともに国家三権力の一つで,法規の制定機能をもつ。形式的には,議会が行う法律制定権力をいう。絶対君主制のもとでは,君主が他の国家権力とともにそれを専断的に保持していたが,市民階級の成長によって,議会が立法権に参与するようになった。大日本帝国憲法では「天皇帝国議会協賛により立法権を行う」 (5条) とされたが,民主政治のもとでは,民選による議会のみが立法権を保持するのが通例となっている。日本国憲法 41条に,立法権が国会に帰属するとしたのはこの例である。ただし国家権力の機能的効果的な運営のために,衆参両議院には議院規則制定権 (58条) ,裁判所には裁判所規則制定権 (77条) ,内閣には政令制定権 (73条) ,また地方公共団体には条例制定権 (94条) がそれぞれ与えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りっぽう‐けん〔リツパフ‐〕【立法権】
国家の統治権のうち、立法を行う権能日本国憲法では、原則として国会に属する。司法権行政権とともに三権を構成する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りっぽうけん【立法権】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

立法権
りっぽうけん

実質的意味においては、統治権の作用として法規を定立する権能をいい、形式的意味では、議会の行う権能、とくに法律を制定する権能をさす。立法権、行政権、司法権をそれぞれ三つの国家機関に分属させ、その際、立法権を国民の代表機関である議会に与えるのは、近代国家がもつ共通の特色である。

 わが国の場合、明治憲法の下では、天皇が帝国議会の協賛を得て立法権を行使するたてまえになっており、法律は議会の議決を経たあと天皇の裁可によって成立するとされた。しかも緊急勅令とか独立命令など、行政機関による立法が広く認められていた。これに対し、日本国憲法は、国会を「国の唯一の立法機関」と定めて(41条)、国会以外の機関による実質的立法を否認すると同時に、国会によって立法が完結することにした。立法国会中心主義、国会単独立法主義といわれる。ただ憲法自身が、権力分立による抑制・均衡の見地から、若干の例外を認めており、各議院の規則制定権(58条2項)、最高裁判所の規則制定権(77条1項)、内閣の政令制定権(73条6号)、地方公共団体の条例制定権(94条)がそれである。しかしいずれの場合も、法律に反することを定めることはできない。

[池田政章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りっぽう‐けん リッパフ‥【立法権】
〘名〙 法律の制定を行なう国家の権能。司法権・行政権に対するもの。〔仏国政典(1873)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立法権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立法権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation