@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立烏帽子【タテエボシ】

デジタル大辞泉

たて‐えぼし【立×帽子】
頭部の(みね)を高く立てたままにして折り曲げない烏帽子。たちえぼし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たてえぼし【立烏帽子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

立烏帽子 (タテボシ)
動物。イシガイ科の貝

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たて‐えぼし【立烏帽子】
〘名〙
① 頂辺の峰(みね)を高く立てたままで折らない烏帽子。たてえぼうし。
※吾妻鏡‐文治四年(1188)九月一四日「着白水干立烏帽子、融二行着座中
② 強盗のこと。特に、鈴鹿山に住んでいたという山賊をさす。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「鈴鹿山の立烏帽子(タテエボシ)搦取て」
③ 紋所の名。①をかたどったもの。
④ 巫女の間で、主人、または男の子を直接いうのを忌んで用いる語。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「立烏帽子(タテヱボシ)どのが手習の下りぎはに、見つかって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立烏帽子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立烏帽子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation