@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立舞【たちまい】

精選版 日本国語大辞典

たち‐まい ‥まひ【立舞】
〘名〙
① 立って舞うこと。また、その舞。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)諸会篇本「建久三年花厳会式〈略〉建舞 入調等也」
※仮名草子・可笑記(1642)三「立ちまひこうた三味線などをいたさせ」
② 日常の行動。たちいふるまい。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「朝な夕なの立まひに、御衣の袂に触れ給ふ」
③ 物事に対応する行為。ふるまい。
※読本・春雨物語(1808)樊噲下「立まひあしくて盗人に疵つけられたるは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たち‐ま・う ‥まふ【立舞】
〘自ハ四〙
① 立って舞う。舞を舞う。
※仲文集(992頃)「おいおいはいかがはすべきしらぎまひたちまふべくもおんほえぬ世に」
② (「たち」は接頭語) 入りまじる。まじわる。立ちまじる。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「よの中にたちまふべき心ちもせず」
③ 雲や雪などがただよったり、舞ったりする。また、木の葉などがひらひらと落ちる。
※伊勢物語(10C前)六七「きのふけふ雲のたちまひかくろふは花の林をうしとなりけり」
④ あちこち動き回る。うろうろする。また、雑踏する。
※京師本保元(1220頃か)下「むなしく御所のあたりをたちまひたちまひしけれ共」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation