@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

立面図【りつめんず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

立面図
りつめんず
elevation
建築,インダストリアル・デザイン用語。設計図面の平面図 (プラン) に対して,正面側面から見た設計を図示したもの。建築インダストリアル・デザインなどの設計を施主,施工者にわかりやすく理解させるために使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りつめん‐ず〔‐ヅ〕【立面図】
投影図法で物体立画面に投影したときに得られる図。物体を正面から見た図。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

立面図
建物の外観を表す図面。エレベーションとも呼ばれる。東西南北の四面作成するのが普通。隣地と接する側など重要でない面を省略することもある。公庫の設計審査には2面以上必要。屋根の形状やこう配、窓・玄関ドアの配置など、外観デザインのイメージを表現することを主目的とする。使用する外装建具、屋根材、外壁材など主要な外部仕上げや、軒高、階高、床高など主要な高さ寸法を、必要に応じて記入する。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りつめんず【立面図】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りつめんず【立面図】
物体を真横から見た図。投影画法で、立画面へ投影する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りつめん‐ず ‥ヅ【立面図】
〘名〙 正投影法で、立画面に描かれた図。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立面図」の用語解説はコトバンクが提供しています。

立面図の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation