@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竜文【りゅうもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竜文
りゅうもん
架空の動物のを装飾モチーフに使った文様。竜はへび,獅子,とら,鳥などの最も強力な部分を取出して合成された空想上の怪獣で,あらゆる自然の力を超越する。東洋では,竜は善神としての吉祥を意味し,中国,殷 (いん) 代の昔から使われはじめて今日にいたっている。西アジアでは竜は邪悪神であったが,善神との戦いに敗れてから善神の守り神となったため,文様としてしばしば使われている。西洋では,この西アジアの竜の観念が入って竜は悪魔の象徴となり,文様としてはあまり使われなかった。なお竜の形態は,東西ともに蛇身,獣頭,鳥足で,西洋竜には羽根があり,東洋竜には背びれがある点に特色がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

竜文
りゅうもん
蛇を基にして、これにさまざまの観念が結び付いた空想上の動物模様。
 竜は海、川、池、雨と水に関係が深く、天に昇る霊獣と信じられた。中国では周・漢時代に、すでに種々の形式が生まれている。すなわち、鱗(うろこ)のあるものを蛟竜(こうりゅう)、翼をつけたものを応竜(おうりゅう)、角(つの)のあるのを(きゅうりゅう)、角がなく海の中にすむものを(ちりゅう)などとよび、鳳(ほう)、麟(りん)、亀(き)とともに四霊、あるいは四瑞(しずい)として尊ばれた。四神の一つである青竜は、東の方位を表象し、ことに漢時代の鏡の背面、墳墓の壁画、画像石などに表された。また、竜は天子の象徴とされ、ことに五爪(ごそう)の竜文は天子に限り許された模様であり、天子の衣装、王宮、家具、調度品などに施された。
 わが国には、古墳時代後期に大陸より将来され、奈良時代以後、ことに仏教関係の模様として賞用された。奈良・薬師寺金堂須弥(しゅみ)壇の竜文は、代表的な初期の作例である。
 なお竜文には、竜を円形に表した「団竜文(だんりゅうもん)」、2匹の竜を向かい合わせにした「双竜文」、竜の頭のみを表した「竜頭文」、竜に雲を添えた「雲竜文」、虎(とら)、鳳(おおとり)と組み合わせた「竜虎文」、「竜鳳文」など、さまざまな形式、組合せ模様がある。村元雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竜文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation