@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竜頭滝【りゅうずのたき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竜頭滝
りゅうずのたき
栃木県北西部,湯川戦場ヶ原南部につくった戦場ヶ原を流れてきた湯川が,男体山溶岩急斜面を高さ数十mにわたり,急流となって落ちる。付近ツツジ紅葉が美しい。滝の上下国道 120号線が縦断する。日光国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

竜頭滝
りゅうずがたき

島根県中部、雲南(うんなん)市掛合町松笠(かけやちょうまつかさ)にある滝。竜頭が滝、竜頭ヶ滝とも表記。三刀屋(みとや)川の上流、滝谷(たきだに)川にあり、落差は40メートル。滝の周囲は老杉が多い。滝の裏側には観音を祀(まつ)る岩屋があり、この眺めを裏見の滝という。源平合戦の宇治川先陣争いで活躍した佐々木高綱の名馬池月(いけづき)はこの滝に当たって成長したという伝説がある。竜頭八重滝(やえだき)県立自然公園に属する。

[野本晃史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竜頭滝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竜頭滝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation