@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【りゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


りゅう
中国の想像上の動物。「りょう」とも読む。麒麟,凰,亀とともに四霊の一つで,また白虎,朱雀,玄武とともに青竜として四神の一つ。常に深淵にすみ,雷雨とともに天し,自由に飛行する神通力をそなえるといわれる。水神,農耕神としての性格をもつ。四神の青竜は東方を司り,旧暦4月に現れる星で象徴される。日本に伝来して,仏教の影響で八大竜王などと呼ばれ,水神,稲妻信仰による農耕神となった。 (→ドラゴン )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅう【竜】
想像上の動物。体は大きな蛇に似て、4本の足、2本の角、耳、ひげをもち、全身鱗(うろこ)に覆われている。多く水中にすみ、天に昇り雲を起こして雨を降らすという。中国では、鳳(ほう)・亀(き)・麟(りん)とともに四瑞(しずい)として尊ばれる。竜神竜王はこれを神格化したもの。たつ。
ドラゴン」に同じ。
将棋で、飛車が成ったもの。成り飛車。竜王。
紋所の名。1を図案化したもの。
名詞の上に付いて、複合語をつくる。
㋐天子、または天子に関する物事の上に付けていう。「顔」「車」
㋑特に、すぐれている、りっぱであるなどの意を表す。「馬(め)」「姿」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう【竜〔龍〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]リュウ(呉) リョウ(漢) [訓]たつ
〈リュウ〉
想像上の動物。たつ。「竜王竜宮竜頭蛇尾天竜登竜門
すぐれた人物。英雄。「竜象竜攘虎搏(りゅうじょうこはく)独眼竜
天子に関する物事に冠する語。「竜顔
恐竜のこと。「剣竜翼竜雷竜
〈リョウ〉
12に同じ。「竜頭鷁首(りょうとうげきしゅ)臥竜(がりょう)亢竜(こうりょう)潜竜屠竜(とりょう)白竜飛竜画竜点睛(がりょうてんせい)
3に同じ。「竜駕(りょうが)
[補説]「リュウ」と「リョウ」の音は特定の語を除いて多く互用する。
〈たつ〉「竜巻
[名のり]かみ・きみ・しげみ・とおる・めぐむ
[難読]石竜子(とかげ)土竜(もぐら)竜胆(りんどう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たつ【竜】
りゅう(竜)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【竜】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【竜】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

りょう
「新撰氏録」にみえる画家
雄略天皇の代に四衆をひきいて渡来した()(中国)の文帝の後裔安貴公の子。絵の功により武烈天皇から首(おびと)の姓(かばね)をさずかった。子孫は大岡忌寸(いみき)の氏姓をうけた。別名に辰貴。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

りゅう【竜】
想像上の動物。
[中国]
 中国では鱗介類(鱗(うろこ)や甲羅を持った生物)の長(かしら)だとされる。竜は平素は水中にひそみ,水と密接な関係をもち,降雨をもたらすとされる。しかし竜のより重要な性格は,時がいたれば水を離れて天に昇(のぼ)ることができるという点にあり,この地上と超越的な世界を結ぶことに竜の霊性の最大のものがある。仙人となった黄帝が竜に乗って升天したり,死者が竜あるいは竜船に乗って崑崙山に至るとされるのも,竜のそうした霊性を基礎にした観念である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


りゅう

想像上の動物。胴体はヘビ、頭にはシカのそれに似た角が2本あり、口のところに長いひげを生やし、背には81枚の堅い鱗(うろこ)をもち、4本の足にはそれぞれ5本の指を備えた巨大な爬(は)虫類として描かれる。タツともいう。中国では、古来鱗虫の長とされ、麟(りん)、鳳(ほう)、亀(き)とともに四瑞(しずい)の一つとして神霊視された。仏教では八大竜王といって8種の竜王がいるが、そのなかの娑伽羅(しゃがら)竜王が海や雨をつかさどるとされることから、航海の守護神や雨乞(あまご)いの神として信仰される。わが国の民間で、雨乞い祭りの際に、竜が住むという池の水を用いたり、またその池で行われたりするのは、この信仰と同一である。山岳宗教で名高い戸隠(とがくし)山には九頭竜権現(くずりゅうごんげん)が祀(まつ)られているが、この竜の住む池がやはり雨乞いの祈願所になっている。大雨や洪水などの現象を竜の怒りとする言い伝えにも、竜が水をつかさどるという意識が表れている。一方、海神とのかかわりが指摘されるものに、記紀神話の豊玉姫(とよたまひめ)説話があげられる。海神の娘である豊玉姫がお産のために産屋(うぶや)に入り、本(もと)つ国(くに)の姿になったようすを『日本書紀』では竜になったと記している。現在でも漁民の間では、竜は豊漁や海上安全を守護する海神として信仰されている。その漁民の俗信のなかに、海上で金物類を落としてはならないとする禁忌があるが、それは鉄を竜神が嫌うからだといわれる。一般に鉄を嫌うのは蛇とされる。このことは、竜神信仰の根底に水神の表徴である蛇信仰の存するのを教えてくれる。

 竜はまた雷神ともかかわりが深い。竜は中空を飛行して雨や雲をおこしたり、蛇の形をした稲妻を放つとされる。「竜天に昇る」ということばは、聖人が天子につくことや英雄の華やかな活躍のたとえに用いられるが、まさに竜が天に昇るような勢いの謂(いい)であろう。中国では竜が雨雲にのって昇天するという考え方が古くからある。わが国でも同様な考え方はあって、竜神は竜巻のときに昇天するのだという。沖縄には次のような昔話がある。男が桑の木の根元に寝ているハブをみつける。目を覚ましたハブは仙人に姿を変え、山で千年、海で千年、丘で千年過ごすと天に昇って竜になれるが、それを人に見られては昇れないので、このことを絶対に他言しないという約束で昇天する。男は約束を守り一時裕福になるが、あるときうっかり口にしてしまい、以後はもとの貧乏に戻るという内容の話である。青森県の話には、大蛇が、桂(かつら)の大木がじゃまになって昇天できないと木こりに訴える。そこで木こりはその桂の木を伐(き)って昇天させたという例がある。地上の蛇が年月を経て昇天し竜になるというモチーフは、蛇信仰が竜神信仰へと変化していく過程とみなされる。

 竜のすみかは竜宮とよばれ、その場所は洞窟(どうくつ)、湖沼や海の底にあるとされる。竜神は乙姫(おとひめ)様と住んでいるという。そうした竜宮に関する説話のなかで、よく知られているのが「竜宮淵(ぶち)」の伝説である。その淵が竜宮に続いているといって、ときおりその淵から機(はた)織りの音が聞こえてくるとか、またその淵に必要な膳椀(ぜんわん)を貸してくれるように依頼すると用意してくれるという。ただし心がけの悪い者がいて返さなかったために、貸してくれなくなったと伝えている。昔話のなかには、人間が竜宮を訪問するというモチーフの話がいくつかある。その代表的な例が「浦島太郎」である。古くは『丹後国風土記(たんごのくにふどき)』や『万葉集』にもみえる。同系統の話としてほかに「竜宮童子」「竜宮女房」といった昔話もある。「竜宮童子」は、貧乏な男が薪(まき)を水中に投下すると、そのお礼にといって亀(かめ)が竜宮に案内する。竜宮からの土産(みやげ)にハナタレ小僧をもらう。その小僧をだいじにすると豊かになるが、慢心して粗末にするので元の状態に戻ってしまうというのがその内容である。「竜宮女房」は、竜宮から嫁にきた女房に対して、権力者が横恋慕して難題を課してくるが、女房の知恵で解決し幸福に暮らすという話である。これらの話には、神に選ばれた人間が竜宮を訪問し、富を得るという共通した要素がみいだされる。古代には竜宮は常世国(とこよのくに)ともよばれ、それは一種の理想郷であり、同時に富の源泉として意識されていたのであった。そうした信仰が説話に反映されているのである。

 ヨーロッパの昔話に「竜退治」という話がある。犬を連れた若者が、王女をいけにえに求める竜を退治し、王女と結ばれるという内容の話である。わが国の昔話では「猿神退治」に相当する。一般にヨーロッパの竜は、大ヘビを形象化したもので、悪神の化身のように考えられている。宝物などを守っているが、ついには英雄や神々に殺される運命にある。東洋の竜は総じて、現実生活と結び付いて人々に幸福を招来する善神としての傾向が強い。敵対するよりは調和を求めようとする一面は、その民族的性格を反映しているようである。

[野村純一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

竜 (リュウ)
動物。想像上の動物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation