@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竟宴【キョウエン】

デジタル大辞泉

きょう‐えん〔キヤウ‐〕【×竟宴】
平安時代、宮中で進講勅撰集撰進が終わったあとで催される酒宴諸臣詩歌を詠ませたりを賜ったりした。
祭りのあとで催される宴会。直会(なおらい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうえん【竟宴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうえん【竟宴】
おわりに催す宴会の意
宮中で日本書紀や漢籍などの講義、勅撰和歌集の撰述が終わったときなどに、宴を設け諸臣にその書にちなむ詩歌を詠ませ、禄ろくを与えるもの。
祭事・神事が終わってそのあとで行われる宴会。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐えん キャウ‥【竟宴】
〘名〙 (「竟」は物事の終わる意)
① 主として平安時代、宮中での「日本書紀」や漢籍の進講、和歌集の勅撰などが終わったとき、宴を設けて、其の書中記載の事項に関係のある詩や歌を諸臣に詠ませ、祿を賜下されること。また、一私人としてこれに擬して行なうこともある。
※三代実録‐貞観二年(860)一二月二〇日「従五位上行大学博士大春日朝臣雄継以御注孝経皇帝、今日有竟宴、授博士雄継正五位下
※増鏡(1368‐76頃)七「新古今の時ありしかばにや、竟宴といふ事行なはせ給ふ。いとおもしろかりき」
② 祭などが終わった後で催される宴会。直会(なおらい)
※古今著聞集(1254)四「神事をその前におこなふ。翼日に宴をはりて、夜に入て才子ひきて宴席をのぶ。これをまつりの竟宴といふ也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竟宴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竟宴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation