@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

端午【タンゴ】

デジタル大辞泉

たん‐ご【端午/端五】
五節句の一。5月5日の節句。もと中国の行事。軒に菖蒲(しょうぶ)蓬(よもぎ)を挿し、粽(ちまき)柏餅を食べて邪気をはらう。近世以降、男児のいる家では鯉幟(こいのぼり)を立て、甲冑(かっちゅう)や武者人形を飾って祝うようになった。現在は、「こどもの日」として国民の祝日になっている。端午の節句重五(ちょうご)。端陽 夏》「二人子を預けて病める―かな/波郷

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんご【端午】
中国にはじまり,朝鮮,日本でも行われる旧暦5月5日の節供。
[中国]
 蒲節,端節,浴蘭節などともいう。〈端〉は〈初〉の意味で,元来は月の最初のの日をいった。十二支を正月とする夏暦では,5月は午の月にあたり,〈午〉が〈五〉に通じることや陽数の重なりを重んじたことなどから,3世紀,・晋以後,5月5日をとくに〈重五〉〈重午〉〈端陽〉などと呼び,この日に各種の祭礼を行うようになった。旧暦5月は高温多湿の盛夏であり,伝染病毒虫がはなはだしく,悪月とされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんご【端午】
は初めの意、に通じ、五月初めの五日の意
五節句の一。五月五日の節句。古くショウブ・ヨモギを軒に挿して邪気を払う風があったが、江戸時代以後、男子の節句とされ、武家で甲冑かつちゆう・幟のぼりを飾ったのにならい町人も武者人形などを飾り、鯉幟こいのぼりを立てるようになった。粽ちまき・柏餅かしわもちを食べ菖蒲湯しようぶゆをたてたりする。現在は「こどもの日」として国民の祝日の一。端午の節句。端午の節せち。あやめの節句。菖蒲しようぶの節句。重五ちようご。端陽。 [季] 夏。 深草のゆかりの宿の-かな /飯田蛇笏

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

端午
たんご

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

端午」の用語解説はコトバンクが提供しています。

端午の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation