@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

競争優位の戦略【きょうそうゆういのせんりゃく】

ナビゲート ビジネス基本用語集

競争優位の戦略
マイケル・E・ポーターが提唱した競争優位を創出するための3つの基本戦略をいう。また、1985年に出版されたポーターの書籍名。 競争優位を創出するには、まず競争相手よりコストを下げるか、競争相手以上の付加価値を提供するかという2つの方策がある。前者は「コスト・リーダーシップ戦略」となり、後者は競争相手との差をつくる意味で「差別化戦略」となる。これらは競争する市場の範囲を広くとらえた場合の戦略であるが、さらに競争範囲を狭く限定することで、その市場において競争相手より優位性を創出することができるとし、これが「集中戦略」となる。 なお、「集中戦略」は、範囲を狭く設定したのち、低コストを指向するか差別化を指向するかで「コスト集中戦略」と「差別化集中戦略」に区分される。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競争優位の戦略」の用語解説はコトバンクが提供しています。

競争優位の戦略の関連情報

他サービスで検索

「競争優位の戦略」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation