@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竹光【タケミツ】

デジタル大辞泉

たけ‐みつ【竹光】
刀匠の名の兼光国光などの「」をつけていう》
竹を削って、刀身にみせかけたもの。
よく切れないをののしっていう語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

竹光
古典落語演目のひとつ。「小烏丸」の上方での別題。オチは考えオチ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たけみつ【竹光】
刀工の名めかした造語
竹を削って刀身とし、刀のように見せたもの。
鈍刀をあざけっていう語。なまくら。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たけ‐みつ【竹光】
〘名〙 (古来刀工の名に吉光、国光、兼光などと「光」の字が多いところからの造語)
① 刀身をを削って作り、刀のようにみせかけたもの。武家の下僕、折助などが刀代わりに腰に差していた。たけがたな。たけべら。
※浮世草子・色の染衣(1687)四「ぬきやるとその竹光はをれるものじゃ」
② 切れ味の鈍い刀をあざけっていう語。なまくら。
※咄本・鯛の味噌津(1779)土左衛門「家につたふる竹光(ミツ)の一腰をわきばさみあるきしが」
③ 竹光を腰に差す下僕、折助などをあざけっていう語。
※洒落本・美地の蛎殻(1779)「おゐらがやうな竹光(タケミツ)を可愛がるが孝行さ」
④ 尺八の異称。
※雑俳・柳多留‐二二(1788)「竹光のけいこ一と月してねろう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹光の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation