@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竹内式部【たけのうちしきぶ】

美術人名辞典

竹内式部
勤王家。越後生。名は敬持。幕府忌諱に触れ、明和四年八丈島に流されたが、船中病を発し、三宅島に歿す、54才。明治24年贈正四位。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

たけのうち‐しきぶ【竹内式部】
[1712~1768]江戸中期の神道家。越後の人。名は敬持。号、羞斎(しゅうさい)・周斎・正庵。式部通称垂加神道を学び、京都で公家尊王論を説き、追放宝暦事件)。のち、明和事件に連座し、八丈島に流される途中三宅島病死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

竹内式部 たけのうち-しきぶ
1712-1768* 江戸時代中期の神道家。
正徳(しょうとく)2年生まれ。京都で儒学,垂加(すいか)神道をまなび塾をひらく。尊王論を主張し,門下の公卿(くぎょう)が桃園天皇に「日本書紀」神代巻を進講したことから,宝暦9年重追放となった(宝暦事件)。また明和事件に連座して八丈島に流される途中,明和4年12月5日三宅(みやけ)島で病した。56歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は敬持。号は羞斎(しゅうさい),周斎,正庵。著作に「奉公心得書」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たけのうちしきぶ【竹内式部】
1712‐67(正徳2‐明和4)
江戸中期の国学者,神道家。越後の人。名は敬持,号は正庵。式部は通称。垂加神道を学んで公卿に神書・儒書を講じていたが,式部に教えを受けた公卿が神書(日本書紀)を,桃園天皇に進講したので,関白近衛内前らは式部の追放をはかり,所司代に告訴し,1759年(宝暦9)式部は重追放となった(宝暦事件)。公卿間の対立が原因であろう。式部は67年(明和4)の明和事件のとき,関係はないとされながら,禁を犯して京都に立ち入ったとの理由で遠島となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竹内式部
たけのうちしきぶ
[生]正徳2(1712).越後
[没]明和4(1767).12.5. 三宅島
江戸時代中期の国学者,神道家。名は敬持。号は羞庵,周斎など。京都に出て徳大寺家に仕えて垂加神道を学んだ。のち家塾を開き,正親町三条公積,烏丸光胤,久我 (こが) 敏通,徳大寺公城らに神典,儒書を講じた。宝暦事件で京都所司代の審理を受け,宝暦9 (1759) 年重追放に処され伊勢に閑居。のち山県大弐の明和事件に連座して八丈島流罪となり,護送の途中病死。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

竹内式部
たけのうちしきぶ
(1712―1767)

江戸中期の儒者、神道(しんとう)家。名は敬持、通称は式部。号は羞斎(しゅうさい)(羞庵は誤伝)、のち正庵(父祖代々の名)または周斎。正徳(しょうとく)2年越後(えちご)国新潟に竹内宗詮の子に生まれる。生家は代々の町医者。1728、1729年(享保13、14)ごろ上洛(じょうらく)し、徳大寺家に仕え、儒学を松岡仲良(まつおかちゅうりょう)(1701―1783)、沢田一斎(さわだいっさい)(1701―1782)に学び、のち玉木葦斎(たまきいさい)(1671―1736)について垂加(すいか)神道を学び、さらに若林強斎(わかばやしきょうさい)の最晩年の弟子となった。京都に開いた塾の門下には旧主徳大寺公城(とくだいじきみき)(1729―1782)、久我敏通(こがとしみち)(1735―1756)をはじめ700~800人の堂上(とうしょう)・地下(じげ)がおり、式部の説く儒書、神書の講義は現状に不満な少壮公卿(くぎょう)に大きな影響を及ぼした。とくに式部の『日本書紀』神代巻の講義の主張が近習(きんじゅ)の公卿を通じて若い桃園(ももぞの)天皇に進講されると、これを案じた前関白一条道香(いちじょうみちか)(1722―1769)は1758年(宝暦8)公家(くげ)らを処罰(宝暦(ほうれき)事件)する一方で、所司代松平輝高(1725―1781)に事態を伝えて、翌1759年5月、式部を追放に処せしめた。ついで1767年(明和4)明和(めいわ)事件が起こると、竹内式部はこれに関係なしとされながらも遠島に処せられ、八丈(はちじょう)島へ流される途次、同年12月5日三宅(みやけ)島で病死した。

[山田忠雄 2016年6月20日]

『星野恒著『竹内式部君事蹟考』(1899・冨山房/『越佐叢書6』所収・1934・同叢書刊行会/1974・野島出版)』『徳富猪一郎著『近世日本国民史22 宝暦明和篇』(1926・民友社)』『藤田福太郎著『竹内式部先生』(1936・新潟市教育会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たけのうち‐しきぶ【竹内式部】
江戸中期の国学者、神道家。越後の人。名は敬持。羞庵・周斎と号す。式部は通称。徳大寺家に仕えて、山崎闇斎の垂加流神道をきわめ、公卿たちに尊王思想を説いた。尊王論者が処罰を受けた宝暦事件で重追放、明和事件で八丈島に流罪。正徳二~明和四年(一七一二‐六七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

竹内式部
たけのうちしきぶ
1712〜67
江戸中期の国学者・尊王論者
越後(新潟県)の人。垂加神道を学び,また軍学を研究。京都で家塾を開き,公家に大義名分を講義したが,1759年幕府から兵法を教えたことを理由に京都から追放された(宝暦事件)。'67年山県大弐の明和事件に連坐,捕らえられて八丈島に流される途中,三宅島で病死した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹内式部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹内式部の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation