@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竹本義太夫(1世)【たけもとぎだゆう[いっせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

竹本義太夫(1世)
たけもとぎだゆう[いっせい]
[生]慶安4(1651).大坂
[没]正徳4(1714).9.10.
義太夫節の創始者。大坂天王寺村の農民で五郎兵衛といった。井上播磨の風を好み,その弟子清水理兵衛に学び,そのワキをつとめ,のち京の嘉太夫のワキを語り,名も清水五郎兵衛,さらに理太夫と改めた。 34歳の貞享1 (1684) 年竹本義太夫と名のり道頓堀に竹本座 (やぐら) をあげ好評を博した。元禄 11 (98) 年頃受領して竹本筑後掾。同 16年『曾根崎心中』で大当りし,年来の赤字を解消,引退したが,竹田出雲が座本を引受けたので再出勤。義太夫は元来大音で,井上播磨掾のような豪快な語り口宇治加賀掾の優美な節回しの影響を加えて世話物を語りはじめ,浄瑠璃といえば義太夫節をさすほどの新音楽を確立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹本義太夫(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹本義太夫(1世)の関連情報

関連キーワード

コルネイユ(Pierre Corneille)徳川家光テニールスケンペル堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光由井正雪・由比正雪

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation