@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竹田出雲(初代)【たけだ いずも】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

竹田出雲(初代) たけだ-いずも
?-1747 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者,座本。
初代竹田近江(おうみ)の次男。宝永2年大坂竹本座本となる。初代・2代竹本義太夫,近松門左衛門の協力をえて座の経営や舞台の演出にあたり,人形浄瑠璃の全盛時代をきずく。「蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」,「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」(合作)などをかいた。延享4年6月4日死去。は千前軒奚疑。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

竹田出雲(初代)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹田出雲(初代)の関連情報

関連キーワード

アフマド・シャー・ドゥッラーニーヘンミ桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑ベロット桃園天皇レオポルト1世水商売

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation