@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竹田出雲【タケダイズモ】

デジタル大辞泉

たけだ‐いずも〔‐いづも〕【竹田出雲】
浄瑠璃作者興行師
(初世)[?~1747]別号、千前軒。竹本座座元。経営に才腕を振るうとともに、浄瑠璃も書いた。代表作「蘆屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」など。
(2世)[1691~1756]初世の子。名は清定。別号、小出雲、のち千前軒・外記。竹本座座元として経営・演出に手腕を発揮、浄瑠璃の最盛期をもたらした。代表作に並木宗輔三好松洛らとの合作菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たけだいずも【竹田出雲】
江戸中期の浄瑠璃作者,竹本座座本。出雲の名は大坂道頓堀からくり芝居興行師竹田近江の最初の受領名から出る。(1)初世(?‐1747(延享4)) 元祖出雲と呼ばれる。本名不詳。号は千前,奚疑(けいぎ),千前軒奚疑,外記(2世)。1705年(宝永2)以後,竹本座の座本として座の経営や舞台演出に腕をふるい,《国性爺合戦(こくせんやかつせん)》の趣向を工夫し,23年(享保8)から近松の指導添削で浄瑠璃執筆を始め,以後単独作や合作に作者として活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

竹田出雲
たけだいずも

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)の作者、興行者。

初世

(?―1747)別号千前軒(せんぜんけん)、外記(げき)。1705年(宝永2)初世竹本義太夫の跡を継いで竹本座の座本として経営に才腕を振るい、出語(でがた)り、出遣(でづか)いの創始、からくり応用、舞台技巧の改良などによって、人形浄瑠璃隆盛のもとをつくった。また、近松門左衛門の指導を受けて浄瑠璃を書き、『大内裏大友真鳥(だいだいりおおとものまとり)』『芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)』『三荘太夫五人嬢(さんしょうだゆうごにんむすめ)』などの単独作を11編、ほかに長谷川千四・文耕堂らとの合作12編を残した。没する直前に出た『操曲浪花蘆(そうきょくなにわのあし)』は名人極上上吉(ごくじょうじょうきち)の位付けをし、「ふつふつと智恵(ちえ)の吹出雲(ふきいずるくも)」との評語を与えている。

[山本二郎]

2世

(1691―1756)初世の子で、初め小出雲、初世没後に2世出雲、また千前軒、外記を襲名した。座本として手腕を振るい、親方出雲と称せられ操(あやつり)界を抑えたが、浄瑠璃作者としては、先輩格の並木千柳(なみきせんりゅう)・三好松洛(みよししょうらく)との合作で『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』『義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)』『仮名手本忠臣蔵』『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』などの名作を書き、浄瑠璃の最盛期を飾った。ただし立作者(たてさくしゃ)としての出雲は名目だけで、実際には千柳がおもに執筆したとの説もある。

[山本二郎]

3世

生没年未詳。2世の子で和泉掾(いずみのじょう)、竹田文吉を名のり、『関取千両幟(せきとりせんりょうのぼり)』『傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)』などに合作者として名を連ねている。彼の代になってから竹本座はしだいに衰退し、1767年(明和4)に退転、やがて3代にわたる出雲の竹本座経営も終わった。

[山本二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たけだ‐いずも【竹田出雲】
浄瑠璃作者。大坂竹本座座元。
[一] 初世。初世竹本義太夫を助けて竹本座の座元となり、舞台と人形の改良に尽力した。また、近松門左衛門に学び浄瑠璃を書いた。作品に「大内裏大友真鳥」「蘆屋道満大内鑑」など。延享四年(一七四七)没。
[二] 二世。初世の実子。初名竹田小出雲。竹本座の座元として活躍、浄瑠璃の全盛期をもたらした。作者としては、並木千柳、三好松洛らとの合作で名作を残している。著「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など。元祿四~宝暦六年(一六九一‐一七五六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

竹田出雲
たけだいずも
2世 1691〜1756
江戸中期の浄瑠璃作者
大坂の人。竹本座の座元。近松門左衛門に師事。『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』などが傑作。興行経営のに長じ,座の繁栄人形劇最盛期を現出した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹田出雲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹田出雲の関連情報

関連キーワード

アフマド・シャー・ドゥッラーニーヘンミ竹田出雲(初代)桃園天皇ドゥラーニー朝桂川甫筑ベロット桃園天皇レオポルト1世水商売

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation