@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竹葉【チクヨウ】

デジタル大辞泉

ちく‐よう〔‐エフ〕【竹葉】
竹の葉。
マダケハチクなどの。漢方で解熱・利尿薬などに用いる。
の異称。
「―の一滴を玉なす金盃に移し」〈浮・一代女・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

ちくは【竹葉】
石川の日本酒。酒名は、仕込み水に使っていた笹川上流に生い茂るの葉と、酒の別称葉」にちなみ命名純米大吟醸酒大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒、普通酒をそろえる。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は地元山中の湧水蔵元の「数馬酒造」は明治2年(1869)創業。所在地は鳳珠郡能登町宇出津ヘ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

竹葉(ちくは)
石川県、数馬酒造株式会社の製造する日本酒。大吟醸酒「美齡」、純米酒「のんべぇ天狗」、本醸造酒「奥能登」などを揃える。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちくよう【竹葉】
竹の葉。
ハチクの葉を乾燥させた生薬。消炎・解熱薬に用いる。
酒の異名。 菊を湛へ-の、世は皆酔へり/謡曲・松虫
(旅などの時に酒を入れて持ち歩いた)竹の筒。
弁当。 胡籙えびらに差したる-取出して/太平記 26

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たか‐は【竹葉】
〘名〙 竹の葉。ささば。
※万葉(8C後)九・一六七七「大和には聞えもゆくか大我野の竹葉(たかは)刈り敷き廬(いほり)せりとは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちく‐よう ‥エフ【竹葉】
〘名〙
① 竹の葉。
※懐風藻(751)宴長王宅〈境部王〉「新年寒気尽。上月淑光軽。送雪梅花笑。含霞竹葉清」 〔晉書‐后妃伝上・胡貴嬪〕
② 酒の異称。
※菅家文草(900頃)五・酒「竹葉攀多少。梨花酌浅深」
※浮世草子・好色一代女(1686)一「竹葉(チクヨウ)の一滴を玉なす金盃に移し」 〔張協‐七命〕
③ 旅行などのとき、酒を入れて携帯する太い竹。小筒(ささえ)。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ (③から転じて) 弁当。
※太平記(14C後)二六「胡籙(えびら)に差たる竹葉(チクヨウ)取出して心閑(しづか)に兵粮仕ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竹葉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation