@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

竿【カン】

デジタル大辞泉

かん【×竿】
[接尾]助数詞。さおの数をかぞえるのに用いる。「一竿の旗竿(はたざお)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん【竿】[漢字項目]
人名用漢字] [音]カン(呉)(漢) [訓]さお
〈カン〉竹の幹でこしらえた細長い棒。さお。「竿灯竿頭竹竿(ちっかん)灯竿
〈さお(ざお)〉「竿竹竿秤(さおばかり)竹竿旗竿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さお〔さを〕【×竿/×棹】
[名]
枝・葉を取り払った竹や木の細長い棒。物干し竿釣り竿旗竿など。合成樹脂・金属製もある。
水底に突っぱって舟を進ませる長い棒。水棹(みさお)。「流れに―をさす」
竿秤(さおばかり)の棒の部分。
測量や建築に使う間竿(けんざお)
三味線胡弓などの胴から上の、糸を張る長い柄の部分。また、三味線のこと。「―が入る」「太―」
箪笥(たんす)長持などを担ぐ棒。
石灯籠(いしどうろう)などの柱の部分。
雁(がん)が1列になって飛んでいる状態。「―になれ、鉤(かぎ)になれ」
俗に陰茎のこと。
[接尾]助数詞。
旗を数えるのに用いる。「幟(のぼり)三―」
箪笥・長持などを数えるのに用いる。「箪笥三―」
羊羹(ようかん)などの棹物菓子を数えるのに用いる。「練り羊羹―」
竿に干した洗濯物を数えるのに用いる。「洗濯物二―」
江戸時代、金座で、竿金(さおがね)を数えるのに用いる。
[下接語]鳴る竿水(み)竿(ざお)衣紋(えもん)竿掛け竿殻(から)竿間(けん)竿刺(さ)い捕り竿竹竿中(ちゅう)棹継ぎ竿釣り竿釣瓶(つるべ)竿手棹鳥竿鳥刺し竿延べ竿幟(のぼり)竿秤(はかり)竿歯竿旗竿太棹干し竿細棹黐(もち)竿物干し竿雪竿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かん【竿】
接尾
助数詞。さおの数を数えるのに用いる。 一-を携える

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん【竿】
〘接尾〙 さおの類を数えるのに用いる。
※日葡辞書(1603‐04)「Iccan(イッカン)。ヒトツノ サヲ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

竿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation