@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

笑福亭松鶴【ショウフクテイショカク】

デジタル大辞泉

しょうふくてい‐しょかく〔セウフクテイ‐〕【笑福亭松鶴】
落語家。
(5世)[1884~1950]大阪の生まれ。本名、竹内梅之助。上方落語の保存と復興に努めた。漫才人気に対抗して、雑誌「上方はなし」を刊行。
(6世)[1918~1986]大阪の生まれ。本名、竹内日出男。の子。上方落語復興尽力、現在の隆盛に導いた。当たりに「らくだ」「天王寺詣り」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうふくていしょかく【笑福亭松鶴】
落語家の芸名。(1)初代(?‐1865(慶応1)) 初代桂文枝,4代桂文治とともに林家派に対抗して上方落語界を盛りあげる。(2)2代(生没年不詳) 初代門下。4代吾竹(ごちく)を経て襲名。のち講談師円笑(えんしよう)となる。(3)3代(1845‐1909∥弘化2‐明治42) 本名武田亀太郎。2代門下。のち講談師笑福亭竹山人となる。(4)4代(1869‐1942∥明治2‐昭和17) 本名森村米吉。3代門下。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうふくていしょかく【笑福亭松鶴】
(初代)?~1866 大坂の落語家。美声で音曲入りの艶物を得意とした。
(五世)1884~1950 本名、竹内梅之助。四世松鶴の門人。上方落語の保存と復興に生涯を捧げた。
(六世)1918~1986 本名、竹内日出男。父、五世の門人。豪放な芸で、衰微の極にあった上方落語を支え、隆盛に導いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

笑福亭松鶴
しょうふくていしょかく
大阪の落語家。

初代

(?―1865)初め松喬といったが、のち松鶴と改名。[関山和夫]

2代

生没年不明。初代門人。鶴松、4代吾竹(ごちく)から2代目を襲名したが、のち円笑と改名して講釈師となる。[関山和夫]

3代

(1845―1909)本名武田亀太郎。2代立川三光門、桂(かつら)慶治門、2代円笑門と移り、松橋、木鶴を経て3代松鶴となったが、のち竹山人と名のって講釈師となる。[関山和夫]

4代

(1869―1942)本名森村米吉。3代門人。三代松(みよまつ)、松竹、万歳、桂枝鶴(しかく)を経て1907年(明治40)4代目襲名。[関山和夫]

5代

(1884―1950)本名竹内梅之助。4代門人。光鶴、枝鶴から1935年(昭和10)5代目襲名。自宅に「楽語荘(らくごそう)」をつくり、雑誌『上方(かみがた)はなし』を発行。上方落語継承に貢献した。[関山和夫]

6代

(1918―86)本名竹内日出男。5代の長男。松之助、光鶴、枝鶴を経て1962年(昭和37)6代目襲名。『高津(こうづ)の富』『三十石(さんじっこく)』『らくだ』などが得意。
 なお7代目を襲名することになっていた笑福亭松葉(本名倉本雅生(まさたか))(1952―96)は、襲名披露を予定していた当日に死亡した。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笑福亭松鶴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

笑福亭松鶴の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)スベルドラップ(Johan Sverdrup)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation