@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

笠木【かさぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

笠木
かさぎ
coping; capping
コーピング。石造建築などにおいて,壁の最上端にかぶせる石材。通常,下部よりやや広く造られ,水切りの役目とともに,装飾的役割を果す。日本建築では,鳥居手すりなどの上端にかけられる横架材をさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かさ‐ぎ【×笠木】
鳥居や門・塀・手すりなどの上端に渡す横木。冠木(かぶき)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

笠木
かさぎ

建築用語。(1)塀、手すり、腰壁、パラペットparapet(手すり壁)などの上部材。本来は架木(ほこぎ)とよばれるべき高欄(こうらん)の最上部の横材も、最近は笠木と総称されることが多い。(2)鳥居の最上部にあり、島木(しまぎ)の上にかぶさる材。柱の頂上よりすこし下にあり門柱の上部を貫く冠木(かぶき)とは区別しなければならない。(3)和船の船尾の鳥居立(とりいたつ)上部の横木。近世の大型和船では矢倉(やぐら)最後部の梁(はり)。(4)電柱の頭部にのせる笠形の木。

[中村 仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

笠木
(岐阜県恵那市)
森の巨人たち百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かさ‐ぎ【笠木】
〘名〙
① 鳥居、または、門、板塀、板橋などの上に渡す横木。冠木(かぶき)
※類従本仲文集(992頃)「かさきをばかけずもあらなむ朝夕に宮のめ祈るおのれなこひに」
② 和船の船尾の鳥居立上部の横木。また、近世の大型和船では、やぐら最後部の梁(はり)をいい、多数の梁のうち床船梁に立てられた大立(おおたつ)という二本の柱の上にのせるところから特につけられた名称で、通常、上笠木、下笠木の二材を設ける。横上(よこがみ)。〔和漢船用集(1766)〕
③ 電柱の頭部に載せる笠形の木。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

笠木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation