@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

第一国立銀行【だいいちこくりつぎんこう】

世界大百科事典 第2版

だいいちこくりつぎんこう【第一国立銀行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

第一国立銀行
だいいちこくりつぎんこう

1873年(明治6)国立銀行条例に基づいて設立された国立銀行で、日本最初の近代的銀行。当初別々に銀行設立を計画していた三井(みつい)、小野両組が、井上馨(かおる)、渋沢栄一の勧めで、共同出資に踏み切って設立したものである。設立時の資本金は250万円。設立とともに渋沢は総監役として同行の経営に参画、1875年小野組破綻(はたん)後の経営危機にあたり頭取(とうどり)に就任した。これ以後渋沢の指導のもとに同行は、国立銀行の指導的地位にたつとともに、金融界近代化の先駆けとなり、王子製紙会社など近代工業の育成にも力を尽くした。また1878年には朝鮮にも進出、1909年(明治42)に韓国銀行が設立されるまで同国の中央銀行的役割を果たした。

 国立銀行の営業期間満了とともに1896年株式会社第一銀行と改組、普通銀行に転換し、五大銀行の一角を占めた。第二次世界大戦時の1943年(昭和18)、当時の国策に即して三井銀行と合併して帝国銀行となり、44年には十五銀行を合併、日本最大の普通銀行となった。戦後、金融機関の再建整備に際し、1948年(昭和23)に旧第一系が第一銀行、旧三井・十五系が帝国銀行(のち三井銀行と改称)として新発足した。第一銀行は1964年に朝日銀行を合併し、さらに71年には日本勧業銀行と合併して、第一勧業銀行となった。第一勧業銀行は2002年(平成14)4月、富士銀行、日本興業銀行と分割および合併し、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行に統合・再編された。

[岡田和喜]

『第一銀行八十年史編纂室編『第一銀行史 上巻』(1957・第一銀行)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいいち‐こくりつぎんこう ‥コクリツギンカウ【第一国立銀行】
国立銀行条例による日本最初の銀行。明治五年(一八七二)政府の指示によって三井組と小野組が連合して創立した三井小野組合銀行が母体となって設立。明治六年開業。翌年小野組の破産により、資本金を縮小し、渋沢栄一を頭取として再建。明治二九年普通銀行に改組して、株式会社第一銀行となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

第一国立銀行
だいいちこくりつぎんこう
1873(明治6)年設立された日本最初の銀行
国立銀行条例に基づき,三井・小野組共同出資により東京に設立。初代総監役は渋沢栄一。'96年普通銀行となり第一銀行と改称した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第一国立銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

第一国立銀行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation