@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

第一銀行【だいいちぎんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

第一銀行
だいいちぎんこう
日本最初の銀行である第一国立銀行前身で,1873年国立銀行条例に基づき第一国立銀行として,渋沢栄一の指導のもと三井組と小野組共同出資によって設立,一般銀行業務のほか第一国立銀行紙幣を発行し,公金出納事務も営んだ。 74年小野組破産のため動揺したが,渋沢を頭取として再建に成功。 96年普通銀行に改組し,第一銀行と改称一方では海外にも進出し,上海支店,ホンコン支店を開設,78年の釜山支店の開設に続いて大韓帝国各地に営業所を設け,韓国政府にも貸付を実施,さらに第一銀行券を発行して 1909年韓国銀行 (1911年朝鮮銀行と改称) 設立まで中央銀行的役割を果した。また 43年には国家的要請によって三井銀行合併し帝国銀行となったが,48年分離して再び第一銀行となった。 64年朝日銀行を合併,69年には三菱銀行との合併問題が表面化したが実現にはいたらず,71年日本勧業銀行と対等合併し第一勧業銀行となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

第一銀行
だいいちぎんこう
渋沢財閥の銀行
第一国立銀行の後身で,渋沢栄一を頭取として1896年普通銀行となり第一銀行と改称。朝鮮に進出して事実上韓国の中央銀行の地位を占めた。戦時中三井銀行と合併し帝国銀行となった(1943)が,'48年分離。'71年日本勧業銀行と合併し第一勧業銀行となる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第一銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

第一銀行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation