@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

第三の新人【だいさんのしんじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

第三の新人
だいさんのしんじん
第2次世界大戦後に登場した第1次と第2次の「戦後派」に続き,1952,53 (昭和 27,28) 年ごろから活躍し始めた新人作家たちの総称安岡章太郎吉行淳之介小島信夫遠藤周作庄野潤三らをいう。これらの作家は「戦後派」とは,世代的にも,戦前戦中の体験も別にしている。さらにその作風は,思想的・観念的であるよりも,卑近な現実の中での卑小な人間の喜怒哀楽を,私小説風にある種の軽さをもって描くことを特徴とした。なお,この命名評論山本健吉によるものという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいさん‐の‐しんじん【第三の新人】
昭和20年代後半、戦後派に次いで登場した世代の作家の総称。安岡章太郎吉行淳之介遠藤周作など。→戦後派文学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいさんのしんじん【第三の新人】
昭和20年代後半に文壇に登場した安岡章太郎,吉行淳之,庄野潤三,遠藤周作,小島信夫,阿川弘之三浦朱門らをいう。第1次戦後派および後続の新人につづく3番目の新人群という含みをもって用いられた。《文学界》(1953年1月号)に載った山本健吉の《第三の新人》が最初の紹介論文だが,当初は必ずしも前述の作家をさすものではなかった。服部達が《文学界》(1955年9月号)で〈劣等生・小不具者・市民〉を〈第三の新人〉の特色として挙げるにおよんでほぼ内容が定着した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいさんのしんじん【第三の新人】
昭和20年代後半に登場した戦後派に続く世代の作家たちの総称。小島信夫・安岡章太郎・遠藤周作・吉行淳之介・三浦朱門・曽野綾子・庄野潤三ら。 → 戦後派

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

第三の新人
だいさんのしんじん
昭和20年代後半以降に文壇作家となった安岡章太郎、吉行淳之介(よしゆきじゅんのすけ)、小島信夫(のぶお)、庄野(しょうの)潤三、小沼丹(おぬまたん)、曽野綾子(そのあやこ)、三浦朱門(しゅもん)、遠藤周作などをさしていう。第一次戦後派(平野謙、埴谷雄高(はにやゆたか)、野間宏(のまひろし)ら)、第二次戦後派(中村真一郎(しんいちろう)、福永武彦、加藤周一(しゅういち)ら)に続く作家たちで、この呼称は、山本健吉の評論「第三の新人」(『文学界』1953.1)に由来する。評論家服部達(はっとりたつ)は、彼らの共通項として、「戦争中に青春を過ごしたこと」、「私小説的伝統への復帰の流れに棹(さお)さしたこと」、「朝鮮動乱の特需による景気回復に比喩(ひゆ)的に照応すること」(「劣等生、小不具者、そして市民――第三の新人から第四の新人へ」、『文学界』1955.9)をあげ同世代的な理解を示した。[栗坪良樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいさん‐の‐しんじん【第三の新人】
〘名〙 文芸用語。昭和三〇年(一九五五)前後に芥川賞を受賞した安岡章太郎、吉行淳之介、遠藤周作などを指す。私小説的な伝統の上に立って、自己の資質や感性を深く掘り下げる特質をもつ。山本健吉の評論からの呼び名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

第三の新人
戦後文学」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

第三の新人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

第三の新人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation