@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

第三紀【だいさんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

第三紀
だいさんき
Tertiary Period
地質時代の旧区分の一つで,新生代前半。2008年にこの区分は廃止された。古第三紀新第三紀に分けられ,前者はさらに暁新世始新世および漸新世の三つに,後者中新世および鮮新世の二つに区分されていた。哺乳類祖先の多くはこのに出現し,有胎盤類が発展した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいさん‐き【第三紀】
地質時代の区分の一。新生代の前半。6500万年前から170万年前まで。暁新世始新世漸新世中新世鮮新世に細分され、前三者を古第三紀、後二者を新第三紀という。哺乳被子植物繁栄し、アルプスヒマラヤなどの大山脈がほぼできあがった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいさんき【第三紀 Tertiary period】
地質時代の区分の一つ。新生代大部分の期間を占め,約6500万年前から200万年前までの時代をいう。第三紀という名称は,18世紀に北イタリアの地層を,古い方から初源層,第二層,第三層と区分したもののなごりで,初源層は変成岩類からなる地層,第二層は主として中生界に相当する。第三層はそれらをおおう軟らかい泥岩や砂岩の地層で,この時代が第三紀である。第三紀は,ふつう6500万年前から2500万年前までの古第三紀と,2500万年前から200万年前までの新第三紀の2亜紀に区分される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

第三紀
だいさんき
Tertiary

地質時代の旧区分の一つ。中生代最後の白亜紀と新生代最後の第四紀の間の、新生代の大部分を占める時期で、およそ6600万年前から258万年前までの時代をいう。「第三紀」は、以前は公式の用語であったが、2008年、国際地質科学連合(IUGS)により「新第三紀」と「第四紀」の境界について新しい定義が発表(2009年に批准)された際に年代層序の用語も見直され、古第三紀(暁新世(ぎょうしんせい)、始新世、漸新世)、新第三紀(中新世、鮮新世)の総称として使われる非公式用語となった。新第三紀に次の更新世を含める意見もあるが、一般には更新世は第四紀として区別している。

 第三紀に形成された地層を第三系というが、一般には未固結な岩石からなる。第三系の層序区分は、古典的には1832年にライエルによる地層中に含まれる軟体動物化石のうち現生種の含まれる割合によってなされた。1970年代から、層序区分は、浮遊性有孔虫、珪藻(けいそう)、放散虫などの海生の浮遊性微化石による生層序や、古地磁気層序および放射性同位体による年代層序などを組み合わせて行われている。

 ユーラシア大陸では、古生代以後存在したテチス海の縮小によって、古第三紀のおもな造山期や新第三紀の大隆起でヒマラヤ―アルプス山脈が形成された。それと関連して、南アメリカおよび南極大陸とともに一つのゴンドワナ大陸をつくっていたアフリカ、インドおよびオーストラリアが、ゴンドワナ大陸の分裂によって北上し、とくにインドはユーラシア大陸と衝突してヒマラヤ山脈の隆起をもたらし、アフリカはアルプス山脈の隆起をもたらした(プレートテクトニクス)。アメリカ大陸では、北アメリカのコルディエラから南アメリカのアンデスに続く山脈が古第三紀に主たる造山期を経て、新第三紀の激しい隆起によって形成された。気候は中新世中期以降、温暖から寒冷へと移り変わった。始新世および中新世初期の海進は著しく、漸新世および鮮新世は海退期で特徴づけられる。

 第三紀が中生代ともっとも異なる点は、アンモナイトや恐竜などの中生代型生物の中生代末の絶滅から現代型の生物へと移り変わったことである。また第三紀は二枚貝、巻き貝、ウニ類、有孔虫類、甲殻類の分化や多様化が進んだことによっても特徴づけられる。新生代は哺乳(ほにゅう)類の時代とよばれるように、哺乳類の発展が特徴的である。最初の哺乳類はすでに中生代の三畳紀後期に出現した。以来哺乳類は約1億年以上の間、大形の恐竜と共存してきた。しかし、この哺乳類はずっと小形で、恐竜のように陸上の支配者にはなれなかった。第三紀に入ってからの哺乳類の繁栄は、中生代末の恐竜の集団的絶滅や陸上の環境要因の変化や花を咲かせる被子植物の発展などと深く関係する。恐竜の占めていた生活空間は哺乳類がかわって占有するようになった。このような恐竜や他の中生代型の生物の白亜紀末の集団的絶滅を説明する多くの説が提案されてきたが、その一つに、隕石衝突説(いんせきしょうとつせつ)がある。隕石の地球への衝突に伴って、火山活動の活発化や気候の寒冷化や海水準の低下など各種の環境変動が知られるようになった。隕石衝突の証拠は地球の表層にはない重い元素イリジウムと衝撃石英を含む粘土鉱物層の存在にあるという。前者は、地球外から隕石によってもたらされたといわれ、また後者は、並行で平滑な幾対もの割れ目の存在で隕石の衝突によって形成されたと考えられている。それらの存在の前後で化石生物相に大きな変化(大量絶滅)があったことは確かであるが、同じ原因が白亜紀後半の約3000万年間に、化石生物相の生物の大規模な分類群の減少をもたらしたのではない。第三紀には、始新世後期(3650万年前)や中新世中期(1500万年前)にも生物の大規模な絶滅が知られているが、それらも隕石衝突とは異なる原因の絶滅と考えられる。第三紀の植物の特徴は、中生代白亜紀以降発展した被子植物の全盛である。古第三紀と新第三紀の植物は大差ないが、後者は気候帯の分化や地域化が著しい。それらは中生代白亜紀よりも現代的な様相をもつ。

[山口寿之 2015年8月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいさん‐き【第三紀】
〘名〙 地質時代の一区分。新生代を二つに分けるときの前の時代。六五〇〇万年前から一七〇万年前まで。古第三紀と新第三紀に分けられ、前者は暁新世・始新世・漸新世に、後者は中新世と鮮新世に分けられる。哺乳類の進化がめざましく、海底では有孔虫や斧足(おのあし)類が栄え、植物では被子植物の時代。地殻変動が激しくアルプスやヒマラヤ山脈がほぼでき上がった。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

第三紀
だいさんき
地質年代の新生代の大部分を占める時代で,6500万年〜250万年前の約6250万年の期間をさす
現在に近い生物,哺乳 (ほにゆう) 類,被子植物が繁栄・発展した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第三紀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

第三紀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation