@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

第二次性徴【ダイニジセイチョウ】

デジタル大辞泉

だいにじ‐せいちょう【第二次性徴】
雌雄が示す身体的特徴のうち、生殖腺生殖器官を除く差異。体つきや声の質、ひげ、ライオンのたてがみや鶏のとさかなど。二次性徴。→性徴

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

第二次性徴
 思春期に出現する性の特徴で,男性の声変わり筋骨発達,女性の乳房の発達,月経の始まりなど.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいにじ‐せいちょう【第二次性徴】
〘名〙 動物の性徴の一つ。直接に生殖腺や生殖器官に関係ないが、外見上、雌雄の異なる特徴。ニワトリの雄のとさか、ライオンの雄のたてがみなど。ヒトの場合は思春期以後にあらわれる差異で、男性の筋骨や声の質、女性の皮下脂肪や乳房などがあげられる。
※青べか物語(1960)〈山本周五郎〉土堤の夏「彼女たちの逞しい肉躰、特に第二次性徴と呼ばれる部分の〈略〉まるみやふくらみが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第二次性徴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

第二次性徴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation