@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筆法【ヒッポウ】

デジタル大辞泉

ひっ‐ぽう〔‐パフ〕【筆法】
筆の用い方・運び方。「力強い筆法
文章の書き方。表現の方法。「史記の筆法
物事のやり方。方法。「彼一流の筆法で処する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひっ‐ぽう ‥パフ【筆法】
〘名〙
① 筆の運び方。書画の運筆の法則。かきかた。書法。
※異制庭訓往来(14C中)「然則先可籀文。隷字。六書。八体。及真行草諸家之筆法也」
※随筆・胆大小心録(1808)六七「術は牧渓などが筆法で、骨があった」 〔新唐書‐韓滉伝〕
② 文の書き方。文章の作り方。
※史記抄(1477)一六「遷史の筆法の妙処なり」
③ やりかた。方法。手段。また、考え方。
※酒中日記(1902)〈国木田独歩〉五月一七日「大河今蔵の筆法(ヒッパフ)は万事これなのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筆法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筆法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation