@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筆順【ヒツジュン】

デジタル大辞泉

ひつ‐じゅん【筆順】
文字、主に漢字を書くときの筆運び順序書き順

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひつじゅん【筆順】
漢字の筆画を組み合わせて,1字を書きあげるときの序を順という。筆順はだれがきめたというのではなく,古人が何代にもわたって考え出した知恵であるから,きわめて合理的,かつ能率的である。したがって漢字習得にあたっては大いに利用すべきである。つぎに,文部省の《筆順指導の手びき》によって,およその原則を記しておく。(1)上から下へ書く。〈三〉。(2)左から右へ書く。〈川〉。(3)横画縦画が交差する場合。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひつじゅん【筆順】
文字、特に漢字を書くときの筆運びの順序。書き順。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

筆順
ひつじゅん
文字の字画を書く順序。おもに漢字、仮名についていう。漢字には字画の複雑なものが多いために、筆順が問題になるが、本来毛筆で容易に整った字体を書くためのものであり、「必」「飛」「馬」のように2通り以上の筆順が広く認められている文字もある。「上から下へ」「左から右へ」の二大原則があるが、例外も存する。字源は一般に関係ないが、「右」「有」などの「ナ」の筆順が「丿」を先に書くのは、もと「又」からの変形だからである。楷書(かいしょ)と行書(ぎょうしょ)は同じ筆順であることが多いが、「書」「年」など草書(そうしょ)は異なる場合がある。片仮名は漢字から出た字だから、その筆順は漢字に準ずるが、「メ」(「女」の終二画)や「ヨ」(「与」の終画)のように、後世変わったものもある。硬筆(万年筆、鉛筆、ボールペンなど)は毛筆よりも運用が自由だから、筆順の乱れることが多いが、「おおざと・こざと」を「|」から書いたり、「ヲ」を「フ」から書いたりするのは、矯正すべきであろう。[築島 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひつ‐じゅん【筆順】
〘名〙 文字を書くときの、筆の運びの順序。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筆順」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筆順の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation