@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筆頭【ヒットウ】

デジタル大辞泉

ひっ‐とう【筆頭】
筆の先。また、文章の書き出し。
名前を書き連ねたときの第一番の位置。また、その人。「筆頭株主」「前頭筆頭
ある範疇(はんちゅう)の中で第一番に挙げられるもの。最も主だったもの。「輸出品の筆頭

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふで‐がしら【筆頭】
筆の穂先。ふでさき。
列記した人名中の1番目。ひっとう。
「いいやよ、―だといふ事よ」〈洒・二筋道
筆親(ふでおや)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひっとう【筆頭】
名前を書き連ねたうちの第一位。書き出し。 前頭- -書記 -株主
筆の先。転じて、文章。 惣じて、さび・位・細み・しほりの事は、言語-にいひおほせがたし/去来抄

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふでがしら【筆頭】
ふでかしらとも
筆の穂先。
名前を列記する時の第一番の人。頭立った人。ひっとう。 いいやよ、-だといふ事よ/洒落本・傾城買二筋道

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひっ‐とう【筆頭】
〘名〙
① 筆の先。転じて、文章などを書くこと。
※本朝麗藻(1010か)下・和戸部尚書同賦寒林暮鳥帰〈具平親王〉「元白親情牋上出、楊班古意筆頭残」
※俳諧・去来抄(1702‐04)修行「惣じて、さび・位・細み・しほりの事は、言語筆頭にいひおほせがたし」 〔杜牧‐池州清渓詩〕
② 書き始めること。書き出し。
③ 名前などを書き連ねた中の第一番め。第一位。多数の中で一番であること。また、そのような人やもの。最もおもだった人やもの。「老中筆頭」「与力筆頭」
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)二「其元は筆頭の儀でござれば」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「一家内には米塩薪炭の筆頭(ヒットウ)たる大事の品物で、家内の女王であるから」
④ 筆のように先のとがった頭。〔魏書‐古弼伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふで‐がしら【筆頭】
〘名〙
① 筆の穂先。ひっとう。
② 列記した人名中の第一。連名者の首席。ひっとう。
※洒落本・傾城買二筋道(1798)夏の床「『広小路の十哲のうちでは顔淵といふものだぜ』『なんのこったへ』『いいやよ。ふでかしらだといふ事よ』」
③ 江戸時代、村役人の一つ。書記をつかさどるもの。また、組頭をいう場合もある。
※歌舞伎・傾情吾嬬鑑(1788)序幕「鎌倉組の筆頭(フデガシラ)寺西閑心さまだワ」
④ 江戸時代、相撲会所の取締をいった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筆頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筆頭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation