@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筋兜【すじかぶと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

筋兜
すじかぶと
鎌倉時代末期頃から出現した一種兜鉢梯形の鉄板金をにはぎ合せて留めしてあるが,板金の片側の端を折立てて,鋲は表裏でかしめてある。南北朝時代以後の胴丸腹巻に付属する兜はほとんど兜に限られていた。筋兜の形にはいわゆる前勝山形,後勝山形,阿古陀形などがあり,筋は 24間,32間,48間が古く,黒漆塗りで筋と腰巻に鍍金覆輪を施した総覆輪筋兜がある。なお当世具足に付属している筋兜には 62間,84間,120間に及ぶものがあり,明珍派,早乙女派など甲冑師裏に入れたものが少くない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すじ‐かぶと〔すぢ‐〕【筋×兜】
鉢のはぎ合わせの鋲頭(びょうとう)を出さずに(へり)の筋だけを立てた兜。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すじかぶと【筋兜】
筋鉢に錣しころ・眉庇まびさしなどをつけて作った兜。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すじ‐かぶと すぢ‥【筋兜】
〘名〙 鉢の張り合わせに、星と呼ぶ笠鋲(かさびょう)を用いないで、からくりどめとして、縁(へり)の筋だけを立てた兜。
※浄瑠璃・頼光跡目論(1661‐73頃)三「扨八番には黄糸の鎧にすぢかぶと黒き母衣(ほろ)かけ、白眼(さめ)なる馬い乗ったる武者は誰やらん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筋兜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筋兜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation