@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

筋書(き)【スジガキ】

デジタル大辞泉

すじ‐がき〔すぢ‐〕【筋書(き)】
演劇や小説などの大体の内容を書いたもの。あらすじ。「芝居の筋書き
あらかじめ仕組んだ展開。「事が筋書きどおりに運ぶ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すじ‐がき すぢ‥【筋書】
〘名〙
① 事柄の趣旨を記したもの。事の理由や筋道を書き記したもの。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※金毘羅(1909)〈森鴎外〉「博士の日記はいつも粗い筋書で」
② 映画・演劇・小説などの内容のあらまし。また、そのあらすじを書いたもの。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「せいようは〈略〉とりつきどころがござりませんせんせいどうかすじがきをねがひます」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一五「まだ甘(うま)くゆくかどうだか二番目の筋書(スジガキ)がきまらねへから」
③ 前もって立てた計略。あらかじめ立てた計画。仕組み。もくろみ。策略。
※安吾巷談(1950)〈坂口安吾〉東京ジャングル探検「この女は全部筋書を立ててやってるのである」
④ 話や事柄の進んでいく進み方。
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「駒子がいひなづけのために芸者に出たといふのも、余りに月並な筋書で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筋書(き)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

筋書(き)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation